ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 野菜の下処理・基本手順 > そうめんかぼちゃの調理法

そうめんかぼちゃの調理法

2013 / 08 / 10特集コラム


7月くらいになると店頭に顔を見せはじめる夏野菜、そうめんかぼちゃ。茹でてほぐすと、その名の通りそうめん状になる不思議な野菜だ。シャキシャキとした食感と、あっさりみずみずしく爽やかな味わいは、食欲がおちてしまう夏にもぴったり。酢の物やサラダ、そうめんのように麺つゆにつけて食したり、具をのせて冷やし中華風にしたりと工夫次第で色々なアレンジが楽しめる食材だ。見た目は南瓜のような瓜のような?青果売り場で並べるだけでなく、その特徴や調理の仕方などを伝えないと、初めて見る方には手が出しにくいもの。お店では、POPや調理見本の写真、レシピなどを工夫し、販売する方も基本の調理の仕方くらいは知っておくようにしておこう。

そうめんかぼちゃの調理法

■調理の仕方

1.そうめんカボチャを3~5cm程度の厚さに切る。
*皮は剥かない。

そうめんかぼちゃの調理法

2.鍋に水とカットしたそうめんかぼちゃを入れて、水から茹でる。
*種とワタはあらかじめ取り除いてから茹でても良いが、最後ほぐす時に取り除ける。

そうめんかぼちゃの調理法

3.箸がとおるくらいに茹であがったら冷水に移す。

4.粗熱が取れたら、手で糸状になった部分をほぐしていく。

そうめんかぼちゃの調理法

5.そうめん状にほぐしながら、種、皮は取り除く。さっと洗って水気を切る。

そうめんかぼちゃの調理法

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato