ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派おやつ > 秋の味覚「さつまいも」のおやつ。大学芋の作り方

秋の味覚「さつまいも」のおやつ。大学芋の作り方

2015 / 09 / 25特集コラム


外はカリッと、中はホクホクにこんがりと揚げたさつま芋に、甘辛いみつをからめて胡麻をまぶした「大学芋」は、大正時代の大学生達の間で人気のおやつだったというのが名前の由来だとか。(諸説あり)秋になると何故か食べたくなる秋の味覚、大学芋。カロリーの気になる方は、油で揚げずに、揚げ焼きしたり、ローストしたものを使ってアレンジしてもOK。大学芋はおかずか?おやつか?と聞くと、どうやら「おやつ」という意見が優勢のようだ。どこか昔なつかしい味わいの大学芋。自然派おやつとしてはもちろん、お惣菜の1品としてもどうぞ。

■材料
有機さつまいも  450g   中サイズ3本程度
揚げ油     適量
ビートグラニュー糖 大さじ5
みりん     大さじ5
有機醤油         大さじ2.5
有機黒いりごま  適量

■道具
揚げ鍋(フライパンでも可)・鍋・ざる・キッチンペーパー

秋の味覚「さつま芋」のおやつ。大学芋の作り方

■作り方
1.さつまいもを水で良く洗い、泥などの汚れを落とす。皮は剥かず、そのまま食べやすいサイズに乱切りにする。水にさらした後、ざるにあげ、キッチンペーパーなどで水気をしっかりとっておく。

秋の味覚「さつま芋」のおやつ。大学芋の作り方
2.熱した揚げ油にさつまいもを入れて揚げる。または、フライパンなどに多めに油をひいて、揚げ焼きにしても良い。さつまいもにしっかり火が通って揚がったら、油をきっておく。

秋の味覚「さつま芋」のおやつ。大学芋の作り方
3.別の鍋に、砂糖、みりん、しょうゆを入れて火をかけ、焦がさないように煮詰める。(煮詰めすぎると固くなりすぎるので注意)

秋の味覚「さつま芋」のおやつ。大学芋の作り方
4.揚げておいたさつま芋を加えてからめる。
秋の味覚「さつま芋」のおやつ。大学芋の作り方
5.炒り黒ゴマを好みの量加える。

秋の味覚「さつま芋」のおやつ。大学芋の作り方
Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato