ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派ごはん > 春の豆ごはんを炊く。色鮮やかなグリーンピースご飯

春の豆ごはんを炊く。色鮮やかなグリーンピースご飯

2016 / 04 / 15特集コラム


鞘つきのグリーンピースが市場に出回るのは、春のほんの短い時期だけ。普段は脇役のイメージが強いグリーンピースも、この時ばかりは主役へと躍り出る。豆ごはんの作り方はいたって簡単で、剥いた豆をお米と一緒に炊くだけなのだが、どうしても豆にシワが多くなり、色も悪くなってしまうのが難点。色鮮やかな豆ご飯にするのなら、炊いた後に混ぜるのがオススメだ。ポイントは、茹でたてのグリーンピースを使う事。そして、その茹で汁でお米を炊くこと。水加減も失敗しにくく、また、茹でた時に流れ出るうまみをお米が吸うことで、ほんのり豆の味や香りがご飯に移り、後から混ぜた豆との味のまとまりが良くなるのだ。フレッシュなグリーンピースが主役の豆ごはんは、味も香りも、冷凍や缶詰のものとは全くの別物。小さな子供が嫌う野菜の中でも常に上位のグリーンピースだが、旬の時期の豆ごはんを食べたら、好きになってくれるかも?

■材料
有機白米  2合
有機グリーンピース(さやつき)  200g
※剥いたグリーンピース(生) およそ125g
グリーンピースの茹で汁  400ml
昆布   1枚 (5㎝角くらい)
自然塩  小さじ1

■道具
土鍋・鍋

■作り方
1. お米をとぎ1~2時間程度水に浸しておく。

2.鞘からグリーンピースを取り出して、茹でる。茹で汁は捨てずにとっておく。
※200g剥くと、中身で125g程に。

▽グリーンピースを茹でる
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_53/

3.土鍋に研いだお米、昆布、塩を入れて、水の代わりに1のグリーンピースを茹でた汁を加えて炊く。10分ほど中火にかけ沸騰した頃、弱火にしてさらに10~15分程度。炊きあがる直前に、予め茹でておいたグリーンピースを入れ、土鍋の蓋をする。

春の豆ごはんを炊く。色鮮やかなグリーンピースご飯

4.炊きあがり火を止め、土鍋の余熱でそのまましばらく蒸らしてできあがり。

春の豆ごはんを炊く。色鮮やかなグリーンピースご飯
春の豆ごはんを炊く。色鮮やかなグリーンピースご飯

5.さっくりと全体を混ぜて茶碗に盛り付ける。おにぎりにしても美味しい。

春の豆ごはんを炊く。色鮮やかなグリーンピースご飯