ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 調味料・ソース・ディップ > 有機新玉ねぎでつくる。和風オニオンドレッシング

有機新玉ねぎでつくる。和風オニオンドレッシング

2016 / 04 / 25特集コラム


甘くてみずみずしく、生のまま水にさらさなくても美味しく食べられる「新玉ねぎ」。通常スーパーで年間を通して販売されている、パリパリとした茶色の皮をまとった玉ねぎは、収穫して1ヵ月ほど乾燥させ貯蔵したもの。新玉ねぎは、3~4月頃に早取りし乾燥させずにそのまま採れたてが出荷される。水分が多いため傷みやすく、美味しく食べられる時期はほんの2~3ヶ月程度の春の間だ。薄くスライスしてサラダにしていただくのはもちろんのこと、生のまますりおろして、新玉ねぎのドレッシングにして。サラダはもちろん、お肉料理にもぴったり!

有機新玉ねぎでつくる。和風オニオンドレッシング
■材料
有機新たまねぎ 250g
※剥いたもので正味230g程度
オーガニックレモン汁 100ml
オーガニックエキストラバージンオリーブオイル 50ml
有機醤油  50ml
自然塩     小さじ1
甜菜糖(お好みの糖類)  大さじ1~
有機ブラックペッパー 適量

■道具
フードプロセッサー(おろし金でも可)、ボウル

■作り方
1.有機新玉ねぎの皮を剥き、粗みじんにしてからフードプロセッサーでおろし状にする。おろし金ですりおろしてもOK。お好みで、歯ごたえが感じられる程度に粗めにしても◎

有機新玉ねぎでつくる。和風オニオンドレッシング
2.ボウルにレモン果汁、醤油、油、塩、甜菜糖、胡椒を入れて混ぜる。1のおろした玉ねぎを加えて混ぜ、味見をして必要に応じて調整する。

有機新玉ねぎでつくる。和風オニオンドレッシング
3.材料を全部混ぜ合わせたら、冷蔵庫で2~3時間から一晩置く。(すぐでも食べられるが、玉ねぎにしっかりと味を吸わせるため。)

有機新玉ねぎでつくる。和風オニオンドレッシング

生野菜のサラダにかけるのはもちろん、温野菜、グリル野菜、冷奴などに。しゃぶしゃぶのタレにするなど、肉類にも合う万能たれ&ドレシングです。

有機新玉ねぎでつくる。和風オニオンドレッシング