ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派ごはん > 有機分搗き米の太巻き寿司

有機分搗き米の太巻き寿司

2017 / 02 / 1特集コラム


おもてなしやお祝いの料理、そして節分の日に食べる恵方巻など、具材次第でいろいろな味が楽しめる「太巻き寿司」。特別な日以外でも、お弁当や日常の食卓シーンで気軽に味わいたい日本料理。基本の作り方をマスターしておけば、後はアレンジ次第!白米の代わりに分搗き米や玄米、雑穀入りのご飯を使ったり、ベジタリアンの方は卵や海鮮類は除いてお好みの野菜を使うなど、食材を自由に選べるのも手作りならでは。

■材料 (太巻き3本分)
有機分搗き米  2合 (炊いたご飯およそ600g分使用)
寿司酢 (有機米酢 50ml・甜菜糖 大さじ1強・自然塩 小さじ1)
海苔    3枚

◎具材
きゅうり  1/2本
三つ葉  1束
椎茸含め煮  45g
かんぴょう煮  30g
胡桃の甘煮   30g
高野豆腐      1個分
だし巻き卵  3切れ分

※上記は写真に使用した参考例です。具材にはアボカドやほうれん草などの野菜や、海老やマグロなどの海鮮類、ウナギやアナゴの蒲焼、たくあん、でんぶなど、お好みのものを自由に組み合わせて下さい。

有機分搗き米の太巻き寿司
■道具
巻きす

■作り方
<下準備>
1.ご飯を炊く
2.寿司酢の材料を合わせ、炊きあがったご飯にかけ混ぜ、酢飯をつくる。
3.三つ葉はさっとゆがいておく
4.キュウリは1/2本分を縦1/6に切る
5.だし巻き卵を作り3切れ程度分を細長く切っておく
6.椎茸煮を2個分、スライスする。
▽干し椎茸の甘辛煮
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_190/

7.胡桃30g分を甘辛く煮る
▽くるみの甘辛煮
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_93/

有機分搗き米の太巻き寿司
8.水で戻しておいた干ぴょう(30g)、戻しておいた高野豆腐1個を縦に6等分に切り、一緒にだし汁と調味料で煮含める。(だし汁:200ml、醤油:大さじ2、みりん:大さじ1、甜菜糖:大さじ1)
※出来上がった高野豆腐は汁をしっかりしぼり、適度な太さになるように棒状に切る。

有機分搗き米の太巻き寿司
※かんぴょう、高野豆腐は、それぞれに味付けしたものを使用してもOK
▽かんぴょう煮
http://www.organic-press.com/feature/feature_recipe_92/
********************

<太巻き寿司の巻き方>
1.巻きすに海苔を、表を下にして置く。すし飯およそ200g分を、奥側を2cm程度残して厚みを均一にまんべんなく広げる。

有機分搗き米の太巻き寿司

2.具材を彩りよく並べる
※手前から巻くので、ばらばらになりやすい具材は奥側へ。
有機分搗き米の太巻き寿司
3.手前から巻きすを持ち上げ、手前のすし飯を奥側のすし飯の端に合わせるようにして、具を押さえながら一気に巻く。

有機分搗き米の太巻き寿司
4.奥側に残しておいた海苔の部分を、巻き終わりが下になるように持っていき、巻きすの上から軽く押さえて形をつくる。

有機分搗き米の太巻き寿司

5.お好みの厚さにカットする。
有機分搗き米の太巻き寿司
有機分搗き米の太巻き寿司
Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato