ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派ごはん > たけのこご飯

たけのこご飯

2017 / 04 / 10特集コラム


春に食べたい炊き込みご飯の代表格、たけのこご飯。この時期にしか味わえない、タケノコの香りや特有のシャキシャキ食感を楽しむためにも、たけのこ以外の具材はあまり加えず、出汁や調味料もシンプルに。まずは、旬の堀りたての生タケノコを、アク抜きするところからはじめよう。時短にしたい場合は、便利な有機のタケノコの水煮などを活用して!

■材料
有機白米  2合
水    350ml
有機竹の子  200g程度
有機油揚げ  2/3枚
昆布   1枚 (5㎝角くらい)
有機淡口醤油 20ml
酒    大さじ1
自然塩  小さじ1/2
※飾り用:木の芽 適量
※竹の子あく抜き用:米ぬか・鷹の爪

■道具
土鍋

■作り方
1.お米をといで1~2時間程度水に浸し、ざるにあげておく。

2.竹の子を下処理する。(水煮を使用してもOK)
▽米ぬかと鷹の爪で茹でる。たけのこの下処理、アク抜き
http://organic-press.com/feature/feature_recipe_44/

下処理を終えた竹の子200g程度を短冊切りにする。穂先部分は3cm程度長さに切ってから縦半分にし、切り口のかたちを活かすように切る。油揚げは下処理(油抜き)し、短冊切りにする。

3.土鍋に1の米と分量の水、その他調味料を入れて溶かし混ぜたら、昆布、刻んだ油揚げと竹の子を入れる。

たけのこご飯
4.土鍋に蓋をして、中火~やや強火にかけ、10~15分程度で中のお湯がぐつぐつ煮えてきたら、弱火にしてさらに15~20分炊く。炊きあがったら火を止めてしばらく蒸らす。

たけのこご飯
5.出汁用の昆布を取り出し、具材をほぐすように混ぜる。

たけのこご飯
※器によそいお好みで木の芽を飾る。
たけのこご飯
Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato