ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 保存食・漬物 > 茗荷のピクルス「みょうが甘酢漬け」

茗荷のピクルス「みょうが甘酢漬け」

2017 / 06 / 30特集コラム


夏の食卓に欠かせない香味野菜、茗荷(みょうが)。生のまま細かく刻んでお蕎麦、そうめん、冷ややっこなどの薬味として使われることが多いが、夏の常備菜として甘酢漬け(ピクルス)にし、作り置きしておくのもおすすめだ。甘酢漬けにすれば保存もできるうえ、みょうがに含まれる色素成分がお酢と反応して彩りもきれいなピンク色に変化。食卓もパッと華やかに!刻んでご飯に混ぜたり、自家製ドレッシングやタルタルソースに加えても美味しい。箸休めとしてそのままピクルスとして食べても◎

■材料
有機みょうが 200g (12個)
有機米酢 100ml
ビートグラニュー糖(砂糖) 大さじ3
自然塩  小さじ1/2

■道具
鍋・ざる・保存容器

茗荷のピクルス「みょうが甘酢漬け」
■作り方
1.みょうがを水で良く洗い、土など汚れを落とす。一番表面部分のかたい皮は剥ぐ。根元は適宜切り落とす。

2.鍋にお湯を沸かし、みょうがをさっと湯通しする。ざるにあげて水気を切っておく。

茗荷のピクルス「みょうが甘酢漬け」
3.鍋に有機米酢、ビート糖(砂糖)、塩を入れて一度煮立て、熱いうちに、みょうがの入った容器に注ぎ入れる。

茗荷のピクルス「みょうが甘酢漬け」
※しばらく漬けておくと、甘酢が淡いピンク色に変化します。

茗荷のピクルス「みょうが甘酢漬け」
4.そのまま粗熱をとり、2~3日漬けてできあがり。

茗荷のピクルス「みょうが甘酢漬け」

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato