ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 保存食・漬物 > オーガニックパプリカのオリーブオイル漬け

オーガニックパプリカのオリーブオイル漬け

2017 / 07 / 5特集コラム


赤、黄、オレンジ、、彩り鮮やかなパプリカ。少し前までは輸入品がほとんどだったが、最近は国内産のものも多く流通するようになった。パプリカの旬はピーマン同様、夏。見た目はピーマンのようだがあの特有の苦みやクセはなく、唐辛子のように辛みもなく、肉厚で甘みがある。みずみずしくジューシーで生食もできるが、加熱するとさらに甘みや旨みが増してまるでフルーツのよう!焼いて薄皮を剥いてオイル漬けにすれば、保存もできなにかと重宝する。作り置きのおかずとしてや、お料理の付け合わせ、お酒のおつまみにも◎バゲットの上に刻んでのせお洒落なブルスケッタにも。おもてなしのシーンでも大活躍すること間違いなし!

■材料
有機パプリカ   赤・黄 大サイズ各1個 (約500g相当)
有機EXVオリーブオイル 100ml
有機タイム   適量
岩塩      適量

■道具
焼き網(グリル)・保存容器

■作り方
1.洗ったパプリカを縦に2~4等分にし、ヘタ部分と種をとる。
※グリルで焼く場合、パプリカのサイズによっては収まらないことがあるためカットするが、そのまま丸ごとでもOK。

2.焼き網や直火で焼く場合は切らずに丸ごと、パプリカの皮全体に焼き色がつくまで返しながら焼く。焼き上がったら5分程おいて蒸らす。グリルで焼く場合は皮を上に。水を張り、蒸し焼きのようにする。焼き上がったら5分程おいて蒸らす。

オーガニックパプリカのオリーブオイル漬け
3.熱いうちに薄皮を剥く。

オーガニックパプリカのオリーブオイル漬け
4.食べやすい大きさにカットして、ひとつまみ軽く塩をふる。 タイムと一緒に容器に入れて、オリーブオイルをひたひた程度に注ぐ。冷蔵庫で一晩以上置いて出来上がり。

オーガニックパプリカのオリーブオイル漬け
※お好みでニンニクや胡椒を加えても◎ハーブはローズマリーやローレル、バジルなどお好みのものでOK。塩分が足りないと感じたら、食べるときに塩やスパイスなどを適量プラスしていただく。

オーガニックパプリカのオリーブオイル漬け

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato