ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 和食のおかず・お惣菜・常備菜 > 有機なすの南蛮漬け

有機なすの南蛮漬け

2017 / 09 / 20特集コラム


もともとアジやワカサギなどの魚を揚げて、長ネギなどと一緒に酢漬けにしたものとされる「南蛮漬け」、いわゆる揚げ浸し。夏野菜の代表、茄子(なす)を使った南蛮漬けならお酢でさっぱり!食欲の落ちやすい暑い夏の季節でも美味しく食べられそう。夏は冷やして、肌寒くなってきたら温めて食べても美味しい。常備菜、作り置きのおかずとしもおすすめ!

■材料
有機茄子 4本
有機長ネギ 2本
有機ししとう 12本

有機醤油(淡口)  60ml
有機穀物酢   60ml
甜菜糖    大さじ2~
鷹の爪(輪切り)   適量
揚げ油    適量

■道具
揚げ鍋 (フライパン)・容器(バットなど野菜を並べて浸しておける容器)

■作り方
1.長ネギは好みの長さに切り、グリルで焼いておく。
※写真は茄子の長さ程にあわせ1/3に切っているが、好みの長さでOK。
※ネギはみじん切りにして漬けだれにあわせても◎

2.なすはヘタを落として縦半分に切る。格子状になるように包丁目を入れて、鹿の子切りにする。適量の揚げ油で素揚げする。(少量の油で揚げ焼きでもOK)しし唐は軽く1か所に切れ目を入れて素揚げする。
※写真は縦半分に切っているが、乱切り、輪切りなど好みの切り方でもOK。

有機なすの南蛮漬け
3.醤油、酢、砂糖、唐辛子をあわせて漬け汁を作っておく。焼いたネギと揚げたての茄子、ししとうを熱いうちに浸す。

有機なすの南蛮漬け
しばらく漬けておき、味をなじませる。粗熱が取れたら冷蔵庫で一晩マリネする。

有機なすの南蛮漬け
※味がしみてくる2~3時間後から、また、冷蔵庫で一晩おくとより美味しくお召し上がりいただけます。

有機なすの南蛮漬け

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato