ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > ごはんの友 > 有機かぶの葉っぱとじゃこのふりかけ

有機かぶの葉っぱとじゃこのふりかけ

2017 / 11 / 10特集コラム


葉つきの蕪を購入したとき、コロンと丸い部分をすぐに料理に使わないからとそのまま冷蔵庫に入れてしまい、葉っぱが黄色くなってしまったり、しなしなになってしまったり・・・という経験をした方も多いのでは?ビタミンをはじめとする栄養価も高い、蕪(かぶ)の葉っぱ、捨ててしまうのは勿体ない!葉つきの蕪を買ったら、鮮度がいいうちに、まずは葉っぱの部分を切り落としてすぐ調理してしまおう。クセも少なく、わりとどんな料理にも合う蕪の葉っぱ。さっとゆがいておひたしにしたり煮浸しにしたりはもちろんのこと、炒めて甘辛く味付けした「ふりかけ」にすれば、ご飯やお粥はもちろん、おにぎりや炒飯の具にもなる便利なごはんのお供に。お豆腐や納豆などに合わせても美味しい、作り置きしておきたい常備菜だ。

有機かぶの葉っぱとじゃこのふりかけ

■材料
有機蕪の葉   3~4個分(130~150g)
ちりめんじゃこ  15g
有機白ごま   大さじ2
有機淡口醤油  大さじ1
みりん    大さじ1
酒    大さじ1
塩  ひとつまみ
有機ごま油    適量

■道具

■作り方
1.蕪の葉を水で良く洗い、沸騰したお湯に一つまみの塩を入れてさっと茹でる。水気をしぼり、切り細かく刻んでおく。

有機かぶの葉っぱとじゃこのふりかけ

2.熱した(フライパン)にごま油を適量入れ、刻んだ蕪の葉とじゃこを水分を飛ばすように炒めていく。

有機かぶの葉っぱとじゃこのふりかけ

3.酒、醤油、みりんを入れて味を含ませながら炒める。最後に白ごまを加えて汁気が無くなるまで炒めてできあがり。

有機かぶの葉っぱとじゃこのふりかけ
Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato