ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 和食のおかず・お惣菜・常備菜 > 鱈の煮つけ「マダラの有機生姜煮」

鱈の煮つけ「マダラの有機生姜煮」

2017 / 11 / 15特集コラム


魚偏に「雪」と書く鱈(タラ)は、たらちり鍋や寄せ鍋でおなじみの冬を代表する魚。たらのおいしい季節に食べたい和食といえば、ご飯がすすむ美味しい煮魚「たらの煮つけ」。新鮮なタラを、生姜をピリッときかせた甘辛のしょうゆだれで煮込むだけ!

■材料
生タラ 400~500g(切り身5~6枚程度)
有機生姜  35g
だし汁  100ml
有機淡口醤油  大さじ3
酒       大さじ3
みりん      大さじ2
甜菜糖      大さじ2

■道具
鍋・落し蓋

■作り方
1.ぶつ切りのタラをさっと水洗いして汚れを取り、水気をとっておく。有機生姜はスライスしておく。
※鱈丸ごと1尾の場合は内臓をとり、ぶつ切りにして水で洗い、下処理しておく。スライスされたものを使ってもOK。

鱈の煮つけ「マダラの有機生姜煮」
2..鍋にだし汁、酒、みりん、甜菜糖、醤油、生姜を入れて火にかける。煮立ったら、鱈を重ならないように並べ入れ、煮汁を回しかけながら煮る。落し蓋をして煮汁が半分くらいになるくらいまで弱火で煮る。

鱈の煮つけ「マダラの有機生姜煮」
3.一度火を止めて冷ましながら味を含ませる。再度加熱する際に落し蓋をとって、煮汁が少なくなるまで煮詰める。

鱈の煮つけ「マダラの有機生姜煮」
鱈の煮つけ「マダラの有機生姜煮」

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato