ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > ごはんの友 > だしがらでつくる「鰹節のふりかけ」

だしがらでつくる「鰹節のふりかけ」

2017 / 12 / 25特集コラム


鰹節で出汁をとると必ず出てしまう「だしがら」。水分を含むと少ないように見えるが、1リットルの出汁をとるのに使う鰹節が約30~40g、乾燥した状態で袋に入ったものをイメージするとわかるように実は結構な量。あっという間にかなりの量のだしがらが出てしまい、使い切れずに溜まってしまいがちだ。鰹節のだしがらを甘辛く味付けした「ふりかけ」にするのが最もポピュラーな活用法だが、単調な味になりやすく飽きてしまいやすい。ちりめんじゃこや胡麻、刻み海苔などをたっぷり加えると、ワンランク上の高級ふりかけに変身!基本は炊き立てのご飯にそのままたっぷりかけて。納豆に加えたり、冷ややっこなどにかけたりしても美味しい。おにぎりの具やお弁当、炒飯などにもおすすめ!

■材料
鰹節のだしがら   (花かつおで70g~80g程度)
ちりめんじゃこ   15g
有機煎り白ごま   15g
刻み海苔      15g
有機淡口醤油  大さじ5
酒    大さじ2
みりん  大さじ2
甜菜糖  大さじ1

■道具

■作り方
1.出汁をとった後の鰹節を、水っぽさがなくなるまで乾煎りする。

だしがらでつくる「鰹節のふりかけ」
2.ちりめんじゃこ、合わせた調味料(醤油、酒、みりん、甜菜糖)を入れて水分を飛ばしながら煮る。白ごまを加え汁気がほぼなくなったら火を止めて冷ます。

だしがらでつくる「鰹節のふりかけ」
※途中味を見て、適宜調味料を足し好みの味に仕上げてください。
※焦がさないように注意してください。

だしがらでつくる「鰹節のふりかけ」
3.完全に冷めてから、刻み海苔を加えてまんべんなく混ぜて出来上がり。

だしがらでつくる「鰹節のふりかけ」
炊き立てご飯のお供に◎

だしがらでつくる「鰹節のふりかけ」

▽基本の出汁の取り方「鰹だし」
http://organic-press.com/feature/feature_recipe_257/

▽基本の出汁の取り方「鰹と昆布の合わせだし」
http://organic-press.com/feature/feature_recipe_269/

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato