ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 和食のおかず・お惣菜・常備菜 > サツマイモの皮は捨てずに活用「有機さつまいものきんぴら」

サツマイモの皮は捨てずに活用「有機さつまいものきんぴら」

2018 / 02 / 10特集コラム


焼き芋や蒸かし芋などでは、比較的そのまま食べることの多いサツマイモの皮も、きんとんやペースト状にしてお菓子などに使う場合には、なんとなく捨ててしまいがち。でも、そのまま捨ててしまうのはもったいない!細く刻んで「きんぴら」にすれば、立派な副菜に変身!

サツマイモの皮は捨てずに活用「有機さつまいものきんぴら」

■材料
有機さつまいもの皮  3本ぶん(およそ150~200g)
ごま油        適量
有機淡口醤油  大さじ1~
みりん        大さじ1~
酒      大さじ1~
有機砂糖     (お好みで 小さじ1~調整)
鷹の爪    好みで適量
有機黒いりごま 好みで適量

■道具
鍋(フライパンでも可)

■作り方
1.さつまいもの皮を剥く。(水にさらしてあくをとる)

サツマイモの皮は捨てずに活用「有機さつまいものきんぴら」
2.「さつまいもの皮」を千切りにする。切ったものから水にさらしておく。何度か水を変え濁らなくなってきたらざるにあげ、水気をとっておく。

サツマイモの皮は捨てずに活用「有機さつまいものきんぴら」
3.鍋またはフライパンに油を入れて熱し、さつまいもの皮を炒める。

サツマイモの皮は捨てずに活用「有機さつまいものきんぴら」
4.八分どおり火が通ってしんなりとしたら、調味料を加えてからませながら炒める。鷹の爪も適量加え、水分が少なくなるまで一緒に炒める。
※サツマイモの甘みがあるので、お砂糖はお好みでプラス。

サツマイモの皮は捨てずに活用「有機さつまいものきんぴら」
5.お好みで炒り黒胡麻をかける。

サツマイモの皮は捨てずに活用「有機さつまいものきんぴら」

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato