ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派ごはん > 桜と白花豆の炊き込みごはん

桜と白花豆の炊き込みごはん

2018 / 03 / 25特集コラム


桜のシーズンやひな祭りなど春になると食卓を彩る「桜の塩漬け」。一緒に刻んでご飯に混ぜて炊き込むと、ふんわり桜の香りが感じられる春ごはんに!この桜ご飯に合わせたいのが「白花豆」だ。白花豆というと、甘煮豆、甘納豆、白あんなど、甘い豆という印象だが、お砂糖を使用せずにご飯と一緒に炊き込む、豆ごはんもまた違った味わいが楽しめておすすめ。桜のほのかな香りとともに、お豆のホクホクとした食感がプラス。また、桜のピンクと白で華やかな印象に。お花見シーズンや春のお弁当などにもおすすめ!

■材料
有機白米  2合
白花豆  50g
水    360ml(桜の塩漬を戻した水を含む)
国産桜の塩漬け 20g
昆布   1枚 (5㎝角くらい)
酒    大さじ1

■道具
土鍋

■作り方
【下準備】
1.白花豆をたっぷりの水に漬けておく。(一晩)

2.ひと晩水につけた豆をざるにあげ、鍋に移す。たっぷりの水と一緒に鍋に入れて沸騰するまで強火にかける。沸騰したらざるに上げて一度茹で汁を捨て、再びたっぷりの水を入れて火にかける。これを2~3回繰り返し、渋抜きする。

3.渋抜きが終わったら、再度たっぷりの水と一緒に鍋へ。沸騰したら弱火でコトコトと1時間程度炊く。(やや硬めでOK)

桜と白花豆の炊き込みごはん
4.お米をとぎ1~2時間程度水に浸しておく。桜の塩漬けは、100ml程度の水に浸して戻しておく。(浸していた水は捨てずにとっておく)

桜と白花豆の炊き込みごはん
5.土鍋に4のお米、昆布を入れて、水と桜の塩漬を戻した水をあわせて360ml、酒を加える。3で下茹でしておいた白花豆、水で戻した桜の塩漬けの半分を、刻んで入れる。
※桜の塩漬の残り半分は最後の飾り用にとっておく。

桜と白花豆の炊き込みごはん
6.土鍋に蓋をして、中火~やや強火にかけ、10~15分程度で中のお湯がぐつぐつ煮えてきたら、弱火にしてさらに15~20分炊く。炊きあがったら火を止めて、残りの桜の塩漬けを散らし、蓋をして再度蒸らす。

桜と白花豆の炊き込みごはん

※炊く時間は鍋や火加減によって異なりますので調整してください。
※電気炊飯器でも炊けます。

桜と白花豆の炊き込みごはん
7.蒸らし終わったら、鍋の底から大きく返してほぐし混ぜ、器に盛り付ける。

桜と白花豆の炊き込みごはん
小さめの丸いおにぎりにすると、てまり寿司風、桜餅風になり華やかに!お花見のお弁当などにもどうぞ。

桜と白花豆の炊き込みごはん

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato