ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 和食のおかず・お惣菜・常備菜 > お茶の葉の天ぷら

お茶の葉の天ぷら

2018 / 04 / 25特集コラム


4月~5月初めころ、摘みたてのお茶の生葉を使った料理は、お茶の葉が芽吹く季節にしか味わえない、新茶(一番茶)の時期だけのお楽しみ!新芽のフレッシュで爽やかな香りとうまみの秘密は、お茶に含まれるアミノ酸(うまみ成分)の一種「テアニン」。お茶の新芽は、ポリフェノールの一種で渋みや苦みを感じるに「カテキン」が少なく、甘み成分である「テアニン」が豊富だ。摘みたての生の茶葉は、やわらかく苦みも少ないので、生のままサラダ感覚で食べられるほど!まずは定番の「お茶の葉の天ぷら」で試してみて。

■材料
有機生茶葉 (一芯二葉~一芯三葉)
有機小麦粉 大さじ3~
冷水    大さじ3~
揚げ油    適量

■道具
ボウル・揚げ鍋またはフライパン

■作り方
1.摘んだお茶の新芽(一芯二葉~一芯三葉)をさっと洗い、キッチンペーパーなどで水気をとっておく。

お茶の葉の天ぷら

2.小麦粉を冷水で溶き、衣を作っておく。葉の形を整えながら、お茶の葉の裏側に衣をつける。

お茶の葉の天ぷら
3.180度程度に熱した油でカラッと揚げる。

お茶の葉の天ぷら
4.網の付いたバットや揚げ物用の油取り紙の上で、天ぷら同士が重ならないように油を切って出来上がり。

お茶の葉の天ぷら
かき揚げにも◎

お茶の葉の天ぷら

Styling / Photo / Recipe / Text : Aki Sato