ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 旬の手しごと 冬 > 喜ぶを表す縁起物、よろこんぶ。手作りおせち「昆布巻き」

喜ぶを表す縁起物、よろこんぶ。手作りおせち「昆布巻き」

2014 / 12 / 15特集コラム


「昆布」⇒「こんぶ」⇒「よろこんぶ」⇒「喜ぶ」の語呂合わせで、縁起のよいことからおせち料理にも欠かせない昆布巻き。「巻く」⇒「結び」の意味も込められる。昆布にもいろいろ種類があるが、昆布巻きには「日高昆布」。北海道の日高地方で生産されるこの昆布は肉厚で柔らかく、煮あがりも早いので昆布巻や佃煮など、煮物に適している。おせち料理の昆布巻きには、鰊(にしん)や鮭が定番。おせちだけでなく日常のお惣菜としてもおすすめ。

喜ぶを表す縁起物、よろこんぶ。手作りおせち「昆布巻き」
■材料
日高昆布     長さ20cm × 8~10枚
無漂白かんぴょう およそ 20×3ヶ所×2本分=120cm
生鮭(甘塩鮭)   1切れ

昆布の戻し汁  適量
酒      大さじ2
醤油     大さじ3
砂糖     大さじ2
みりん    大さじ1
*調味料はお好みで分量を調整

■道具

落し蓋
キッチンペーパー
キッチンはさみ

■作り方
1.昆布は濡れ布巾などで表面の汚れを取り、10~15分ほど水につけ柔らかく戻しておく。長さは15~20cmくらいにそろえて切る。

2.かんぴょうは水につけ、柔らかく戻しておく。

喜ぶを表す縁起物、よろこんぶ。手作りおせち「昆布巻き」

3.甘塩鮭は、塩少々を入れた水につけて軽く塩分を抜く。キッチンペーパーで水気を拭き取り、骨と皮を取る。タテ半分、ヨコ半分に切る。

喜ぶを表す縁起物、よろこんぶ。手作りおせち「昆布巻き」

4.水気を拭き取った昆布に鮭をのせ、手前から巻いていく。4~5枚分をつなぎながら巻いた後、かんぴょうを使ってかたむすびで結び、はさみでカット。2~3か所を同様に結ぶ。

喜ぶを表す縁起物、よろこんぶ。手作りおせち「昆布巻き」
5.昆布を結び目を上にして並べ、昆布がひたひたにかぶる位まで昆布の戻し汁に酒を加えて煮る。途中、砂糖と醤油を加え、落し蓋をしてコトコト煮る。最後にみりんを加えてひと煮立ちさせ、そのまま冷ます。

6.かんぴょうの結び目が中央になるように、好みの長さにって盛り付ける。

喜ぶを表す縁起物、よろこんぶ。手作りおせち「昆布巻き」