ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 自然派ごはん > 邪気を払い万病を防ぐ。小正月に炊く小豆粥

邪気を払い万病を防ぐ。小正月に炊く小豆粥

2015 / 01 / 10特集コラム


1月15日の小正月にいただく小豆粥(あずき粥)。邪気を払い万病を除く意味を込め、この日の朝に食べる習慣があったとか。実際に小豆に含まれる成分サポニン、色素に含まれるポリフェノールなど健康成分も豊富なことから、万病を除くというのは栄養的にみても理にかなっているかもしれない。小豆粥は女性にうれしい、美味しい美容食。行事食だけではもったいない!

邪気を払い万病を防ぐ。小正月に炊く小豆粥
■材料
有機白米  1/2カップ
有機小豆  1/4カップ
小豆の煮汁  4~5カップ(800~1000ml)
自然塩  ひとつまみ

■道具
土鍋 / 鍋

■作り方
1.米はあらかじめといで、水をきって土鍋に準備しておく。小豆はさっと洗い、300~500ml程度の水と一緒に鍋へ入れ、水から沸騰させて2度茹でこぼす。(渋きりする)

2.2度茹でこぼした後、3度目はたっぷりの水(1200ml~)で、柔らかくなるまで茹でる。茹で汁は捨てずにとっておく。

邪気を払い万病を防ぐ。小正月に炊く小豆粥

3.土鍋に米と小豆の煮汁1000ml~1200mlを入れ、お粥を炊く。

4.最後、茹でた小豆を加えてさらに炊き上げる。(水が足りなくなったら適宜足す)お好みで塩をひとつまみ加えて出来上がり。

邪気を払い万病を防ぐ。小正月に炊く小豆粥

*途中、切り餅や、鏡開き後のお餅を入れて一緒に柔らかく煮たり、別途焼いた餅をプラスしても。