ホーム > 特集コラム > オーガニックレビュー > 編集部が試してみました!オーガニック本音レビュー > 食感はまるでお肉?VEGANも注目の第3の食材「ジャックフルーツ」

食感はまるでお肉?VEGANも注目の第3の食材「ジャックフルーツ」

2018 / 09 / 15特集コラム


「ジャックフルーツ(jack fruit)」ってご存知ですか?東南アジアなどではポピュラーな果物で、その重さは50kgに及ぶこともあり、世界最大の果実と言われています。日本ではあまりなじみがありませんが、日本語では波羅密(ハラミツ・パラミツ)と呼ばれているそうです。

フルーツとして生食するだけでなく、熟する前の果実を煮たり揚げたりするなど野菜のように調理して食べられます。果肉部分はホロホロと繊維状にほぐれるため、豚肉を柔らかく調理しフォークでほぐしていただくアメリカBBQ料理の「プルドポーク」や、「ツナフレーク」のような食感に。お肉や魚などの代わりに、VEGANメニューにも取り入れられます。

食感はまるでお肉?VEGANで注目される第3の食材「ジャックフルーツ」
そんなジャックフルーツに、あらかじめ味付けをして手軽に食べられるようレトルトパウチになっている「UPTON’s NATURALS」のJACKFRUITS。一目見ただけで強烈なインパクトが残るパッケージで、思わず何だろう!?と、だれもが手に取りたくなってしまいますね。

現在日本で販売されているのが、タイカレー味とスモーキーバーベキューの2種。オーガニックではありませんが、保存料や化学調味料などを使用していないナチュラルフードです。

食感はまるでお肉?VEGANに注目される第3の食材「ジャックフルーツ」
調理の仕方は、パウチから出し、油をひいたフライパンで8~10分程度加熱すると書かれています。

食感はまるでお肉?VEGANも注目の第3の食材「ジャックフルーツ」
タケノコのように塊になっていますが、実際加熱していくと、ホロホロとほぐれていきます。種の部分も柔らかくカンタンに潰れます。

スモークバーベキュー味は、トルティーヤの上に野菜と一緒にのせていただいてみました!まるでプルドポークやコンビーフのようです。言われなければお肉だと思ってしまうかも?サンドウィッチの具にピッタリだと思います。ビーフシチューなんかに入れても美味しいかもしれません。

食感はまるでお肉?VEGANも注目の第3の食材「ジャックフルーツ」
続いてタイカレー味。

食感はまるでお肉?VEGANも注目の第3の食材「ジャックフルーツ」
炒めながらほぐしていくと、見た目はまるでツナのよう。ナンとあわせてみましたが、ライスとあわせてもいいですね。味付けによってはチキンライス風にもなるのかも?サラダにもいいかも?など、様々な味付けや調理方法が浮かんできました。

食感はまるでお肉?VEGANも注目の第3の食材「ジャックフルーツ」

お肉のようで、お肉じゃないもの。小麦由来のセイタンや、大豆由来のソイミートなど食材は色々ありますが、日本では今まで「ジャックフルーツ」は注目されてきませんでした。ちょっと不思議で面白い食材ですよね。ベジタリアン、ヴィーガンフードの選択肢のひとつとして、もっと身近な食材になる可能性を感じます。

第3の肉代替品「ジャックフルーツ」、これから要注目ですね!

食感はまるでお肉?VEGANも注目の第3の食材「ジャックフルーツ」

「UPTON’s NATURALS」のJACKFRUITSのいいね!ポイント
◎動物性原料不使用でヴィーガン
◎コレステロールフリー
◎食物繊維豊富なヘルシー食材
◎調理がカンタン!
◎個性的なデザイン

Text / Photo : Organic Press