ホーム > 特集コラム > 国内オーガニック情報 > 福祉×オーガニック×ビジネス

福祉×オーガニック×ビジネス

2013 / 10 / 5特集コラム


オーガニック、ナチュラル業界においては、昔から福祉に対する意識は高かったと思う。取扱量はそう多くはないが、障がい者施設や作業所でつくられた製品を販売するお店や、製品の加工の一部を委託しているものもある。しかしながら、大きくPRすることもなく控えめに販売され、製品のデザインも、残念ながら素朴で地味だったりする。どうしても、支援や慈善のイメージがつきまとう。売る側にも、買う側にも。
ここ数年「フェアトレード」という言葉は日本社会で着実に広がりを見せ、消費者がフェアトレード製品を積極的に購入する動きもでてきた。それなのに、身近な国内で起こっている「アンフェア」な事情や、根本の問題を解決するための仕組みづくりなどに対しては、目をそらしたままなのは何故だろう?情報もあまり伝わってこない。

日本の障がい者人口は全国でおよそ744万人*。彼らの中には仕事がしたい、自立したいという意思を持つ人たちもいるが、その希望を満たす仕事の選択肢は少ない。また、厚生労働省によると、平成23年度の障がい者就労施設等における平均工賃(賃金)月額**は、全体で19.315円、就労継続支援B型事業所では13.742円、入所・通所授産施設では12.884円、小規模通所授産施設においては、7.605円という結果に。日額ではなく、月額だ。とても、経済的自立を果たすには程遠い金額だ。

オーラルピースそのような現状を踏まえ、人や環境に優しい製品を通して「障がい者やその家族が安心して暮らしていける未来づくり」に挑戦するプロジェクトが立ち上がった。今直面している現状を正面から取り上げて挑むビジネスだ。

天然原料100%の口腔ケアブランド「オーラルピース」事業を通して、全国の障がい者のやりがいと収入を得られる仕事を創出するというもので、本事業では、製品の販売をはじめ、原料の生産、出荷作業、販促物の製作など、事業を通して障がい者がそれぞれの個性を活かして携われる様々な仕事を生み出していくという。主な販売先は要介護高齢者施設等をはじめとした施設で、出荷は社会福祉法人東京コロニー東村山事業所にて行う。将来的には、原料である大豆、ミントなどの障がい者による有機栽培も計画しているそうだ。

製品にはオーガニック&ナチュラルの要素を取り入れ、天然原料100%で安心であることはもちろん、機能性も高い。使用されている「ネオナイシン」は、安心成分でありながらしっかりとしたエビデンスがあり、一般の口腔ケア用製剤同等の効果、即効性もあるという。
また、同品の販売先や対象は施設が中心となるが、セレクトショップなどでオーガニックコスメなどと並べて置いても違和感がないデザインだ。数ある商品や店舗の中でユーザーに選んでもらうためには見た目も重要なこと。品質とともにデザイン性も高く、スタイリッシュ。細かいところまで妥協がない。
国内の福祉に目を向けたビジネスが、今後新たな価値をつくるとともに、オーガニックの需要の裾野が広がるきっかけとなることにも期待していきたい。

オーラルピースHP  http://oralpeace.com

*内閣府 平成24年版 障害者白書
http://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h24hakusho/zenbun/pdf/h1/furoku07.pdf
**厚生労働省HP 障害者の就労支援対策の状況
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/shurou.html

 

***************************************************

佐藤アキ (Aki Sato)プロフィール

大学時代は社会福祉を専攻。老人福祉を学びボランティア等の経験から「健康」「食」「環境」に強い関心を持つようになる。自身が幼少期から現在に至るまでアレルギー体質であることも、自然・健康産業分野に従事するきっかけのひとつとなった。首都圏を中心にオーガニック専門店を展開する企業で経験と実績を積んだ後、健康関連商品を扱う日本最大級の通販サイトへと活躍の場を移す。リアル店舗の現場からE-コマースの分野へと、当時オーガニック業界とは真逆の文化とも言えるであろう、インターネットという未知の世界に飛び込み、それぞれに黎明期とも言われる時代に経験を積んだユニークな経歴を持つ。それぞれの分野で蓄積された知識と経験を活かし、さらに消費者という情報の受け手側に立った視点も加えたソリューションを提供することを決意。業界先駆けとなるオーガニック専門の情報サイト『TOKYO ORGANIC LIFE (東京オーガニックライフ)』、『ORGANIC PRESS (オーガニックプレス)』を立ち上げた。

http://www.organic-press.com/about/