ホーム > 特集コラム > 国内オーガニック情報 > イベント・セミナーレポート > 有機農業を定義する。「とことんオーガニック シンポジウム2015」より

有機農業を定義する。「とことんオーガニック シンポジウム2015」より

2015 / 05 / 10特集コラム


とことんオーガニック シンポジウム20152015年4月24日(金)~4月25日(土)に開催された、「とことんオーガニック シンポジウム 2015」。2011年に引き続き、今回が第2回めの開催となった同シンポジウムは、のべ889名の参加者を得て、盛況のうちに終了。2011年の東日本大震災、福島原発事故により、一時は先の見えない、とどまる事を知らない不安を抱えた有機生産者や、我々関係者たち。あれから4年がたち、「機は熟した!2015年、オーガニックが本気の時代に入る。」のかけ声と共に、にわかにオーガニックにスポットをあて、見つめ直す2日間となった。

共通のテーマは、
1.有機農業の原点を語りつくす ー環境と農業ー
2.オーガニックマーケットの可能性 ー売るではなく伝えるー
3.次世代へ繋ぐ ー売り場づくりから社会づくりへー

序盤、「有機農業という名前の由来」、IFORMの有機農業の定義より、「有機農業を定義する」といったコトバの定義からスタートした。普段、私たちがなにげなく使っている「有機」という言葉の意味、定義をあらためて考えること。これこそが、オーガニックを理解する本質であり、改めて掘り下げて考えるために必要なキーワードだ。それぞれの立場や役割の中であらためてこの定義を認識し、共有することこそが課題解決の第一歩。

―以下、「とことんオーガニックシンポジウム2015」より抜粋

有機農業を定義する ―IFORM 有機農業の定義より―
有機農業は、土壌・自然生態系・人々の健康を持続させる農業生産システムであり、地域の自然生態系の営み、生物多様性と循環に根差し、これに悪影響を及ぼす投入物の使用を避けて行われる。
有機農業は、伝統と革新と科学を結び付け、自然環境と強制してその恵みを分かち合い、そして、関係するすべての生物と人間の間に公正な関係を築くとともに生命(いのち)・生活(くらし)の質を高める。

有機農業という名前の由来は
「有機農業」という言葉は、1971年に「日本有機農業研究会」を設立した一楽照雄氏によって生み出されました。漢詩の一節である「天地有正気(天地に正気有り)」という言葉をヒントに、「天地有機」という言葉が生まれました。自然界には「機」、つまり「仕組みや法則」があるという意味で、自然の摂理に沿って作物を育てる農業が「有機農業」と名づけられた

・・・・・中略

「化学農薬や化学肥料を使わないこと」はあくまでも結果の一つであって、本来は自然の循環を大切にし、「自然を守り、水・土・待機を汚染から守ること」「自然界の動植物を守り、生物多様性を保全して、自然との共生を目指すこと」、あるいはその地域の風土を大切にし「適地適作・地産地消で、地域の文化を大切にすること」などが何にも増して優先されるべき目標です。

***************************************************

当日のレポート等、詳細は主催者ブログへ

▽一般社団法人フードトラストプロジェクト
http://blog.livedoor.jp/foodtrust/archives/cat_10022577.html

▽とことんオーガニックシンポジウム Facebook
https://www.facebook.com/tokoton.organic

◎シンポジウム終了後、様々なプロジェクトがスタート!

【5つの提案】
提案1.オーガニックマーケティング協議会
提案2.ORGANIC FORUM JAPAN (オーガニックライフスタイルフェア)
提案3.シェアロジ・プロジェクト
提案4.東京オリンピック・パラリンピックにオーガニックを!
提案5.参加型保証システム(PGS)「生き物認証システム」

***************************************************

佐藤アキ (Aki Sato)プロフィール

大学時代は社会福祉を専攻。老人福祉を学びボランティア等の経験から「健康」「食」「環境」に強い関心を持つようになる。自身が幼少期から現在に至るまでアレルギー体質であることも、自然・健康産業分野に従事するきっかけのひとつとなった。首都圏を中心にオーガニック専門店を展開する企業で経験と実績を積んだ後、健康関連商品を扱う日本最大級の通販サイトへと活躍の場を移す。リアル店舗の現場からE-コマースの分野へと、当時オーガニック業界とは真逆の文化とも言えるであろう、インターネットという未知の世界に飛び込み、それぞれに黎明期とも言われる時代に経験を積んだユニークな経歴を持つ。それぞれの分野で蓄積された知識と経験を活かし、さらに消費者という情報の受け手側に立った視点も加えたソリューションを提供することを決意。業界先駆けとなるオーガニック専門の情報サイト『TOKYO ORGANIC LIFE (東京オーガニックライフ)』、『ORGANIC PRESS (オーガニックプレス)』を立ち上げた。

http://www.organic-press.com/about/