ホーム > 特集コラム > 国内オーガニック情報 > イベント・セミナーレポート > 有機の認知向上、理解促進、興味喚起の仕掛け。親子イベント企画「オーガニック・ハロウィンパーティー」

有機の認知向上、理解促進、興味喚起の仕掛け。親子イベント企画「オーガニック・ハロウィンパーティー」

2015 / 11 / 5特集コラム


米国オーガニック・トレード協会(OTA)、アメリカ大使館農産物貿易事務所の後援による企画イベント「オーガニック・デイ・ジャパン」が、2015年10月29日(木)表参道ヒルズにて開催された。その週末となる10月31日(土)は、日本でもここ数年盛り上がりを見せているハロウィンということで、オーガニック・ハロウィンパーティーが企画されることとなった。会場となったのは、中目黒 Bio キッチンスタジオ。当日は「オーガニックと私」をテーマに絵画コンテストが開催され、参加する子供たちとその母親たちを招待。子どもたちはハロウィンの仮装をし、オーガニックのお菓子や食事も堪能。子供も親も、いつもとは一味違う楽しさを味わう一日となった。

有機の認知向上、理解促進、興味喚起の仕掛け。親子イベント企画「オーガニック・ハロウィンパーティー」

オーガニックランチは、オーガニック野菜をふんだんに使った食事をビュッフェ形式で提供。

有機の認知向上、理解促進、興味喚起の仕掛け。親子イベント企画「オーガニック・ハロウィンパーティー」
絵画コンテストでは、壁画アーティストのミヤザキケンスケ氏の指導の下、子供たちが思い思いに筆をとり表現。野菜を題材にした子供が多かったようだが、自由な発想で、自由な色彩で描かれていたのが印象的。じっくり時間をかけてと描く子もいれば、インスピレーションであっという間にと描いてしまう子、みんなそれぞれに、個性溢れる作品が出来上がった。

有機の認知向上、理解促進、興味喚起の仕掛け。親子イベント企画「オーガニック・ハロウィンパーティー」

子どもたちが絵を描いている間の大人たちには、オーガニッククッキングデモを開催。

有機の認知向上、理解促進、興味喚起の仕掛け。親子イベント企画「オーガニック・ハロウィンパーティー」

帰りの際には、子供たちが元気に「Trick or Treat! 」と言うと、アメリカのオーガニックのお菓子が入ったお土産が手渡され大満足の表情だ。

有機の認知向上、理解促進、興味喚起の仕掛け。親子イベント企画「オーガニック・ハロウィンパーティー」

OTAでは対消費者に対しても、積極的に教育や啓蒙活動をしているという。今回の「オーガニック・ハロウィンパーティー」は、アメリカのUSDAオーガニックと日本の有機JASの同等性が認められたことを受け、企業から一般消費者にまで幅広くオーガニックを周知、アピールする「オーガニック・デイ・ジャパン」の一環として企画されたもの。

ガチガチのオーガニックに関する難しい教育、ではなく、親子で気軽に楽しく参加するイベントでいつのまにかオーガニックに触れる。そんなきっかけから、安全な食に対する意識やオーガニックについての興味をもってもらえたら・・。

オーガニック・デイ・ジャパンのセミナーレポートによると、米国の有機食品購入者のトップ3カテゴリーは、「Fruits and Vegetables / 野菜や果物」に続き、「Kids’Food / 子供向け食品」「Baby Food / ベビーフード」とのこと。子供には有機商品を食べさせたい、という親が多いのは万国共通の想いだ。若いママ層や親子、若年層を取り込むオーガニックプロモーションは、日本でもこれから必要不可欠だ。

▽オーガニック・デイ・ジャパン
http://organic-japan.tokyo/

▽オーガニック・トレード協会(Organic Trade Association / OTA)
https://www.ota.com/

 

********************************

佐藤アキ (Aki Sato)プロフィール

大学時代は社会福祉を専攻。老人福祉を学びボランティア等の経験から「健康」「食」「環境」に強い関心を持つようになる。自身が幼少期から現在に至るまでアレルギー体質であることも、自然・健康産業分野に従事するきっかけのひとつとなった。首都圏を中心にオーガニック専門店を展開する企業で経験と実績を積んだ後、健康関連商品を扱う日本最大級の通販サイトへと活躍の場を移す。リアル店舗の現場からE-コマースの分野へと、当時オーガニック業界とは真逆の文化とも言えるであろう、インターネットという未知の世界に飛び込み、それぞれに黎明期とも言われる時代に経験を積んだユニークな経歴を持つ。それぞれの分野で蓄積された知識と経験を活かし、さらに消費者という情報の受け手側に立った視点も加えたソリューションを提供することを決意。業界先駆けとなるオーガニック専門の情報サイト『TOKYO ORGANIC LIFE (東京オーガニックライフ)』、『ORGANIC PRESS (オーガニックプレス)』を立ち上げた。

http://www.organic-press.com/about/