ホーム > 特集コラム > オーガニックコラム【連載】 > 編集長のオーガニックネタ帳 ~ORGANIC MATERIAL BOOK~ > 皮ごと安心!国産の有機レモン

皮ごと安心!国産の有機レモン

2013 / 01 / 20特集コラム


いつの間にか野菜や果物に「旬」があることを忘れてないだろうか?レモンをはじめオレンジやグレープフルーツなどの輸入の柑橘類は、スーパーマーケットに行けば季節を問わずいつでも購入できる。特にレモンは、皮を剥いて直接食するのではなく、薄切りをレモンティーに使ったり、カットしてしぼり汁を使ったりという用途が多く、国産のレモンの流通量もそう多くない為、いつが旬なのか?思い浮かばない方も多いだろう。

実は、レモンの旬は「冬」。国産のレモンは10月頃からいわゆるグリーンレモンとして、青い状態で収穫が始まり、12月下旬頃から3月頃までの間に黄色く色付いたレモンが収穫される。

皮ごと安心!国産の有機レモン

国産のオーガニックレモン

輸入レモンと国産レモンの大きな違い「ポストハーベスト」

海外から輸入される果物の多くは、通常数週間~2ヵ月ほどの時間をかけて船便で日本へ運ばれて来る。収穫後、倉庫内や輸送途中での腐敗やカビの発生を防ぐために、果実の表面に防カビ剤等が塗布されることになる。これがいわゆる「ポストハーベスト農薬」というもの。ポスト=後、ハーベスト=収穫、収穫後に使用する農薬を意味する。

日本国内ではこのような農薬の使用法は認められていないものの、ジフェニル(DP)、オルトフェニルフェノール(OPP)、オルトフェニルフェノールナトリウム塩(OPP-Na)、チアベンダゾール、およびイマザリルは現在「食品添加物」の防かび剤として許可され、使用が認められている。最大残存量など基準値が設けられて管理されているとはいえ、これらの防かび剤には発がん性、変異原性、生殖毒性などのリスクもある、ということを忘れてはならない。

防ばい剤の表示義務

ポストハーベストとして使用される「防ばい剤」は、「食品衛生法」により食品添加物として表示義務が定められており、包材やプライスカードなどに使用した物質名を表示するように決められている。グレープフルーツなども、同様に売り場のPOPなどに記載されているので、スーパーの青果売り場に行ったら是非チェックしてみて欲しい。小さな文字で若干気づきにくいが、袋入りでなくても売り場に表示があるはずだ。

皮ごと安心!国産の有機レモン

写真は、輸入レモンが入った袋。下部に小さく、「防ばい剤 TBZ, イマザリル, フルジオキソニル使用」の文字が見られる。

 

できれば国産の有機レモンを選びたい

皮まで安心して使えるレモンを選ぶなら、できればポストハーベストの心配のない国産のものを。そして、できれば農薬を削減した「特別栽培」のものか、使用していない「有機JAS認証」のものがおすすめだ。

しかしながら、国産有機JAS認定のオーガニックレモンは、生産量も多くなく、収穫期間も限られとても希少なものだ。生のレモンが近くで販売されていない場合や、旬の時期以外は、瓶入りの100%果汁を利用すればいい。この場合もしっかり表示を見て、香料や保存料などが入ってるものは避け、国産の有機レモン果汁か、海外のオーガニックレモン果汁を選ぶことをオススメする。

***************************************************

佐藤アキ (Aki Sato)プロフィール

大学時代は社会福祉を専攻。老人福祉を学びボランティア等の経験から「健康」「食」「環境」に強い関心を持つようになる。自身が幼少期から現在に至るまでアレルギー体質であることも、自然・健康産業分野に従事するきっかけのひとつとなった。首都圏を中心にオーガニック専門店を展開する企業で経験と実績を積んだ後、健康関連商品を扱う日本最大級の通販サイトへと活躍の場を移す。リアル店舗の現場からE-コマースの分野へと、当時オーガニック業界とは真逆の文化とも言えるであろう、インターネットという未知の世界に飛び込み、それぞれに黎明期とも言われる時代に経験を積んだユニークな経歴を持つ。それぞれの分野で蓄積された知識と経験を活かし、さらに消費者という情報の受け手側に立った視点も加えたソリューションを提供することを決意。業界先駆けとなるオーガニック専門の情報サイト『TOKYO ORGANIC LIFE (東京オーガニックライフ)』、『ORGANIC PRESS (オーガニックプレス)』を立ち上げた。

http://www.organic-press.com/about/