ホーム > 特集コラム > オーガニックコラム【連載】 > 編集長のオーガニックネタ帳 ~ORGANIC MATERIAL BOOK~ > 片栗粉だけどカタクリじゃない!?馬鈴薯のでんぷん

片栗粉だけどカタクリじゃない!?馬鈴薯のでんぷん

2014 / 05 / 10特集コラム


あんかけなどお料理のとろみづけ、揚げ物などに利用される「片栗粉」。もともとはユリ科に属する植物「かたくり」の根茎からつくられていたものだが、自生のカタクリが減少したこともあり、現在流通しているものは馬鈴薯(じゃがいも)からつくられたものだ。ジャガイモといえば、千切りの炒め物や薄くスライスしたポテトチップスなど、水にさらさずに加熱すると、切ったじゃがいもがくっついたり、食感を損ねることがある。これは、ジャガイモに含まれるでんぷん質が、片栗粉のような働きをしてしまうから。普段なにげなくやっている、ジャガイモを切ってから水にさらしておく行為にはちゃんと理由があり、ジャガイモの切り口からでてくる、白いでんぷん質を洗い流すためというわけだ。

まるで理科の実験のようだが、ジャガイモを生のまますりおろし・・・

片栗粉だけどカタクリじゃない!?馬鈴薯のでんぷん
布などで濾して搾りかすを取り除いたその汁をしばらく放置しておくと、下のほうにでんぷん質が沈殿する。

片栗粉だけどカタクリじゃない!?馬鈴薯のでんぷん
上澄みの液を捨て、残ったでんぷんを乾燥させると白い片栗粉が!

片栗粉だけどカタクリじゃない!?馬鈴薯のでんぷん

ちなみに、春に咲く紫色で可憐なカタクリの花、茎や葉は食べられる。山菜として、てんぷらやお浸しなどにして食すことができる、エディブルフラワーなのだ。あまり多くは流通していないが、旬の時期に出会ったらぜひお試しを。

片栗粉だけどカタクリじゃない!?馬鈴薯のでんぷん

***************************************************

佐藤アキ (Aki Sato)プロフィール

大学時代は社会福祉を専攻。老人福祉を学びボランティア等の経験から「健康」「食」「環境」に強い関心を持つようになる。自身が幼少期から現在に至るまでアレルギー体質であることも、自然・健康産業分野に従事するきっかけのひとつとなった。首都圏を中心にオーガニック専門店を展開する企業で経験と実績を積んだ後、健康関連商品を扱う日本最大級の通販サイトへと活躍の場を移す。リアル店舗の現場からE-コマースの分野へと、当時オーガニック業界とは真逆の文化とも言えるであろう、インターネットという未知の世界に飛び込み、それぞれに黎明期とも言われる時代に経験を積んだユニークな経歴を持つ。それぞれの分野で蓄積された知識と経験を活かし、さらに消費者という情報の受け手側に立った視点も加えたソリューションを提供することを決意。業界先駆けとなるオーガニック専門の情報サイト『TOKYO ORGANIC LIFE (東京オーガニックライフ)』、『ORGANIC PRESS (オーガニックプレス)』を立ち上げた。

http://www.organic-press.com/about/