ホーム > 特集コラム > オーガニックコラム【連載】 > 編集長のオーガニックネタ帳 ~ORGANIC MATERIAL BOOK~ > お米の精米表示と新米表示

お米の精米表示と新米表示

2016 / 10 / 1特集コラム


一般の加工食品には賞味期限、消費期限が記載されているが、お米には産地や品種とともに、「産年」および「精米年月日」が記載される。ここでいう「産年」の年度とは、一般的な暦とは少し異なる「米穀年度(べいこくねんど)」によるもので、11月1日から10月31日までの1年間を区切りとしている。年度末、つまり10月31日属する月の暦年が「年度」とされるので、昨年、2015年(平成27年)11月1日から今年の2016年(平成28年)10月31日までの米穀年度は、年度末である10月31日「平成28年産」と、今年の表示がされる。

お米の収穫や出荷の時期は、地域や品種によっても異なり、南の地域では早いもので7月や8月に収穫されるものもあるが、おおむね9月~10月。仮に11月1日以降に収穫、出荷されれば、「米穀年度(べいこくねんど)」により、2016年(平成28年)11月の収穫でも「29年度」と表示されることになる。

ちなみに「玄米」に消費期限表示はなく、精米がされていない状態のため精米年月日ではなく、調整(選別・袋詰め)した日である「調整年月日」が表示される。

お米の精米表示と新米表示

平成28年(2016年)度の玄米を同年10月に精米した新米

それでは、「新米」っていつからいつまで?

JAS法に基づく「玄米及び精米品質表示基準」では、新米と表示できるのは「収穫年の年末までに精白・包装された精米」と定められている。

◎原料玄米が生産された当該年の12月31日までに容器に入れられ、若しくは包装された玄米
◎原料玄米が生産された当該年の12月31日までに精白され、容器に入れられ、若しくは包装された精米

であれば「新米」と表示することができる。年末に精米されて店頭に並び、翌年にまだ売り場に残っていると、季節外れの新米があるかもしれない。場合によっては春ごろに「新米」マークに出会うことがあるかも?表示的には「新米」で問題はないのだが、精米してから時間がたつとお米の味も落ちるので、必ず「精米日」をチェックするようにしよう。

***************************************************

佐藤アキ (Aki Sato)プロフィール

大学時代は社会福祉を専攻。老人福祉を学びボランティア等の経験から「健康」「食」「環境」に強い関心を持つようになる。自身が幼少期から現在に至るまでアレルギー体質であることも、自然・健康産業分野に従事するきっかけのひとつとなった。首都圏を中心にオーガニック専門店を展開する企業で経験と実績を積んだ後、健康関連商品を扱う日本最大級の通販サイトへと活躍の場を移す。リアル店舗の現場からE-コマースの分野へと、当時オーガニック業界とは真逆の文化とも言えるであろう、インターネットという未知の世界に飛び込み、それぞれに黎明期とも言われる時代に経験を積んだユニークな経歴を持つ。それぞれの分野で蓄積された知識と経験を活かし、さらに消費者という情報の受け手側に立った視点も加えたソリューションを提供することを決意。業界先駆けとなるオーガニック専門の情報サイト『TOKYO ORGANIC LIFE (東京オーガニックライフ)』、『ORGANIC PRESS (オーガニックプレス)』を立ち上げた。

http://www.organic-press.com/about/