ホーム > 特集コラム

■特集コラム

国内や海外でのオーガニック製品のトレンドをはじめ、いまさら聞けない業界常識、売上向上のためのヒントなど、オーガニック業界に役立てていただけるような視点を大切にしています。オーガニックコラムや日常に役立つオーガニックレシピなど、楽しいオーガニック情報もお届けしていきます。

オーガニックを食べ比べ![ニンジン編]

オーガニックの人参と普通の人参を食べ比べ!今回はすべて「洗い人参」で、有機人参は同じ産地のもので違う生産者の方のもの2種を用意し、慣行栽培のものと比較してみることにしました。 ...続きを読む>>

2017 / 11 / 20 特集コラム

有機人参の豆乳ポタージュスープ

滋味豊かな有機人参と豆乳の、優しい味わいのポタージュスープ。生の人参をたくさん食べるのは大変でも、スープにすれば丸ごと1本分もぺろりと食べられてしまうから不思議。 ...続きを読む>>

2017 / 11 / 15 特集コラム

代々木上原ミレイネ「Vegan Cookie & Cracker Box ヴィーガンクッキー&クラッカーボックス」

代々木上原にあるミレイネさんのお菓子は、動物性の原料を一切使用しないVEGAN(ヴィーガン)スイーツ。美味しくて、可愛くて、ココロときめくお菓子は、どなたにも美味しく味わえて喜ばれるギフトだと思います。 ...続きを読む>>

2017 / 11 / 15 特集コラム

十分に確保されたスペースでゆっくり育てる有機食鶏。ドイツBIO養鶏農家のオーガニックチキン

Bioland(ビオラント)会員の有機養鶏農家、Johann Brams(ヨハン・ブラームス)さんの鶏舎を訪問。Brams氏は80haの農地を持つ有機農家で、2鶏舎4つの群れで9,600羽を飼育し、現在年間約76,000羽の有機食鶏を出荷している。 ...続きを読む>>

2017 / 11 / 11 特集コラム

海外では必ずしも有精卵が好まれるとは限らない!ドイツBIO養鶏農家のオーガニックエッグ

有機産卵鶏農家Höflsauer氏は語る。「産業として大規模に運営されている養鶏はやりたくありません。有機農業こそ自分の歩むべき道で持続可能な、畜産の生態に配慮した飼育を心がけ、健康な食品の生産に努めていきたいと思います。」 ...続きを読む>>

2017 / 11 / 10 特集コラム

有機坊ちゃんかぼちゃを使用。丸ごとかぼちゃのグラタン

小さい手のひらサイズの坊ちゃんかぼちゃ。中をくりぬいて器代わりにすれば、見た目にもインパクト大!丸ごとカボチャを使ったグラタンは、ハロウィン、クリスマスなどホームパーティーにおすすめ! ...続きを読む>>

2017 / 11 / 5 特集コラム

Herrmannsdorfer Landwerkstätten(ヘルマンズドルファー)は次世代を育てる「食育」の場

ヘルマンズドルファーは、生産、加工、流通までの全てを担うBIO農場。ここでは次世代の子供たちが、食べ物の生産から消費にわたるすべての段階を、体験的に理解する「食育」の場でもある。 ...続きを読む>>

2017 / 11 / 3 特集コラム

ドイツのBIO農場 Herrmannsdorfer Landwerkstätten(ヘルマンズドルファー)は、6次産業のお手本

ヘルマンズドルファーの創設者はエネルギーの多消費、そして保存料や添加物を前提の大量生産、大量流通というビジネススタイルに対して疑問を持ち、「Herrmannsdorfer Landwerkstätten」を創設。 ...続きを読む>>

2017 / 11 / 2 特集コラム

スペインで300年以上続くぶどう農園。ワイナリーを営む9代目生産者がBIO農法へと転換した理由

スペイン、カタルーニャ地方で18世紀初頭(1700年頃)からぶどう栽培を続けているEudald Massana Noya(エウダルド・マッサナ・ノヤ)。家族経営で代々ぶどう農園とワイナリーを営んでおり、現在のオーナー、エウダルド氏で9代目となる。 ...続きを読む>>

2017 / 11 / 1 特集コラム

おせち料理の意味と由来[まとめ]

五穀豊穣、子孫繁栄、家族の健康など、1つ1つの料理に願いや祈りが込められている、お正月に食べるお祝いの料理「御節料理(おせちりょうり)」。おせち料理の意味と由来、家庭でも手軽に作れる定番のおせちレシピを総まとめ! ...続きを読む>>

2017 / 11 / 1 特集コラム