ホーム > 特集コラム

■特集コラム

国内や海外でのオーガニック製品のトレンドをはじめ、いまさら聞けない業界常識、売上向上のためのヒントなど、オーガニック業界に役立てていただけるような視点を大切にしています。オーガニックコラムや日常に役立つオーガニックレシピなど、楽しいオーガニック情報もお届けしていきます。

合成着色料不使用の桜餅。ハイビスカスティーでピンク色の道明寺をつくる

3月3日のひな祭りにも欠かせない伝統的な和菓子「桜餅(さくらもち)」。残念ながら多くの市販の桜餅には合成の着色料が使用される。食紅の代わりに「ハイビスカスティー」を使えば、簡単にきれいなピンク色に染まる。手作り派の方は是非お試しを。 ...続きを読む>>

2014 / 03 / 1 特集コラム

アイルランドで古くから伝わる飲み物。アイリシュモスのレメディー

日本でも昔から伝わる民間療法や食養生などがあるように、アイルランドでは風邪などで調子がすぐれない時、咳が出るときなどに飲むものがある。ツノマタ属の海藻「アイリッシュモス」のとろりとした粘性が、のどを優しくいたわってくれる。 ...続きを読む>>

2014 / 02 / 15 特集コラム

旬の無農薬伊予柑でつくる、手作りいよかんピール

冬の果物といえば、みかんにポンカン、伊予柑などの柑橘類。通常は捨ててしまう皮も、、砂糖漬けなどにすれば保存もでき、美味しく食べられる。輸入の柑橘類は農薬やワックス、防腐剤などが心配だ。皮を使うからこそ、国産無農薬のものを選びたい。 ...続きを読む>>

2014 / 02 / 10 特集コラム

国産の本葛粉でつくる。おなかにやさしい、とろとろ葛湯

葛粉100%の混じりけなしのものは「本葛」と呼ぶことを許されている。一般的に「葛粉」として販売されているものの中には、本葛以外の馬鈴薯でんぷんなどを加えているものが多い。購入するときは、よく表示を確認するようにしよう。 ...続きを読む>>

2014 / 02 / 5 特集コラム

冷えや冬の寒さに負けないために。梅醤番茶であたたまる

特に女性に多い冷えの悩み。陽性の食品でもある梅干しは、あのすっぱい成分「クエン酸」も多く含み、血液をさらさらに、バランスを整えてくれる健康食。マクロビオティックでも定番の飲物であり、寒い季節にぴったりの「梅醤番茶」で、おいしく冬を乗り切ろう。 ...続きを読む>>

2014 / 02 / 1 特集コラム

オーガニック・ナチュラルコスメを正しく知るために。小松和子氏スペシャルセミナー

オーガニック&ナチュラルコスメの第一人者小松和子氏を講師に迎え、オーガニック・ナチュラルコスメの良い部分・悪い部分についての話、メイクの実演を交えながら、楽しくオーガニック・ナチュラルコスメを正しく知るためのセミナーが開催された。 ...続きを読む>>

2014 / 01 / 31 特集コラム

オーガニックコスメを作る側、販売する側の方への提言。小松和子氏スペシャルセミナー

オーガニックコスメを作る、または販売される方へ。「認証」を意識するあまり、肌の生理機能を無視したモノづくりになっていないか?いまいちど考える必要があるのではないか?また、店舗での「消費期限」の管理は徹底できているだろうか?小松和子さんは警鐘を鳴らす ...続きを読む>>

2014 / 01 / 31 特集コラム

寒い冬をのりきるために。やさしくのどを守る蓮根湯

風邪をひきやすい季節、コンコンとした咳が出るとき、のどがいがいがするときなど、寒い冬の飲物として昔から受け継がれてきた飲物「れんこん湯」 ...続きを読む>>

2014 / 01 / 30 特集コラム

節分の豆まきに。おやつに美味しい基本の煎り豆とアレンジ豆菓子

2月3日は節分の日。季節の変わり目の邪気を追い払うため、「鬼は外、福は内」と、鬼に豆をぶつける恒例行事。「豆撒き」をしたり、年の数だけ豆を食べることで一年の無病息災を祈る。 ...続きを読む>>

2014 / 01 / 25 特集コラム

油揚げをいなり寿司用に。油揚げの含め煮

祝い事や行事ごと、お弁当にと活躍する稲荷寿司。家庭で簡単に稲荷寿司が作れるよう、味付けした油揚げなども販売されているが、やはり気になるのが添加物。好みの味つけでない場合も多い。油揚げを煮含めるところから、手作りしてみよう。 ...続きを読む>>

2014 / 01 / 20 特集コラム