ホーム > 特集コラム

■特集コラム

国内や海外でのオーガニック製品のトレンドをはじめ、いまさら聞けない業界常識、売上向上のためのヒントなど、オーガニック業界に役立てていただけるような視点を大切にしています。オーガニックコラムや日常に役立つオーガニックレシピなど、楽しいオーガニック情報もお届けしていきます。

量り売りセルフサービス導入Bio c’ Bon (ビオセボン)は、環境にやさしい買い物スタイル文化の先導者となるか?

「Bio c’ Bon (ビオセボン)麻布十番店」が、「有機野菜の量り売り」を導入。ドライフルーツやナッツ類のセルフスタイルの量り売り、専用の什器を陳列したコーナー(バルクコーナー)も設けられた。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 11 特集コラム

フランス発オーガニックスーパー「Bio c’ Bon (ビオセボン)」が日本に上陸!3,000点を超える豊富な品揃え

日本初上陸の「Bio c’ Bon (ビオセボン)」。記念すべき第一号店が、2016年12月9日(金)東京港区の麻布十番、旧ピーコックストア跡地に誕生! ...続きを読む>>

2016 / 12 / 10 特集コラム

子孫繁栄に末広がりで縁起を担ぐ。手作りおせち「八頭の煮物」

お正月が近づく12月になると店頭で見かける、大きくてゴツゴツとしたお芋、八頭(八つ頭)。里芋同様に子孫繁栄を表し、末広がりを意味する「八」の字がつき、人の「頭」になるようにということから、縁起物としておせち料理に使われる。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 10 特集コラム

スーパーフード入りも登場。動物性脂肪ゼロのシード&ナッツバターが面白い

「バオバブ」「タイガーナッツ」などスーパーフードを取り入れた、個性派シード&ナッツバターやRAWのパンプキンシード(かぼちゃの種)バター。スーパーオイルとスーパーフードを組み合わせた自家製ナッツバター、これから流行るかも? ...続きを読む>>

2016 / 12 / 5 特集コラム

国産春雨の原料は緑豆じゃなかった?

春雨は中国語では「粉条(フェンティアオ)」といい、本来は緑豆の澱粉からつくられるものだが、日本で販売されているものの多くは、甘藷でん粉(さつまいものでんぷん)や、馬鈴薯でん粉(じゃがいものでんぷん)で作られたものだ。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 1 特集コラム

幸せを呼ぶハーブポマンダー

イギリス メドウズから今年もハーブポマンダーが届きました。ポマンダーは、主にオレンジなどの柑橘系の果物にクローブなどのハーブを刺して作るにおい玉のようなもの。オレンジとスパイスは寒さが厳しいヨーロッパには欠かせない香りの一つです。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 1 特集コラム

立身出世を願う縁起物、出世魚の鰤を二の重に。手作りおせち「ぶり照り焼き」

「鰤(ぶり)」は、成長するに従って呼び方が変わる、いわゆる「出世魚」。縁起のよい魚とされ、おめでたい席、門出のお祝い、そして、おせちの二の重の「焼き物」としても出されることが多い。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 1 特集コラム

オーガニックパンが身近な存在。BIO認証ブレッドが日常にある国フランス

フランスの食卓に欠かせない国民食「パン」。ここフランスでは、ビオ(オーガニック)の原料を使用しているものはもちろんのこと、BIO認証を取得したパンも珍しくない。一般のスーパーでも普通のパンと一緒に販売され、気軽に購入できる。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 1 特集コラム

自家製マスカルポーネでつくる。卵不使用ティラミス風デザート

簡単に卵抜きでも手作りできるティラミス風のデザート。使用するビスケットやスポンジなどにも気を付けて!VEGAN対応のものを選べば、エッグフリーティラミスに。グルテンフリーデザートにしたい場合は、VEGAN & GLUTEN FREE のものを選んで。 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 30 特集コラム

悲しくても、おいしくても「色」

タイでは「色」が大きな意味を持つ。食品につけられている色も日本より色彩豊か!本来は植物からとった色素で色をつける。中でも日本にはない透明の紫色はなんとも神秘的。この紫色を出す花がタイ語で「アンチャン」で、英語名は「バタフライピー」 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 23 特集コラム