ホーム > 特集コラム > 海外オーガニック情報 > トレンド > 炭酸飲料はカラダに悪い?のイメージが変わる

炭酸飲料はカラダに悪い?のイメージが変わる

2008 / 03 / 21特集コラム


オーガニック×炭酸飲料

NATURAL PRODUCTS EXPO WEST 2008では、たくさんのメーカーが、オーガニック&ナチュラルな飲料を紹介しており、その中にはオーガニックで、かつ100%果汁のソーダ(発泡ジュース)なんていうものも!もちろん、製品にもオーガニック認証のマークがしっかりついている。ボトルのデザインもポップでセンスが良いものが多い。フルーツ100%の発泡ジュース、オーガニックハーブやマテ茶の炭酸飲料などお茶と炭酸の組み合わせ、コーヒーソーダ、オーガニックコーラ・・・など、バラエティも豊富。消費者にとって健康的な飲料の選択肢が増えたことはとてもうれしいことだ。

ORGANIC SODA Natural Products Expo West 2008

ちょっと前までは、オーガニックの飲料と言えば、100%オーガニックの果実を搾ったジュースやオーガニックの豆乳、ハーブティーをはじめとするお茶類やコーヒーなどしか思い浮かばなかったものだ。それが、いつの間にか「オーガニックの炭酸飲料」なるものがオーガニック市場をにぎわせている。

今までは、炭酸飲料というと、無果汁(果汁入りでもごくわずか)、着色料、香料、保存料、合成甘味料、カフェイン・・・など、カラダに良くないものという印象しかなかったが、そんなイメージが、これから変わるかもしれない。

ただし、果汁100%でないタイプの炭酸飲料は、オーガニックシュガーやアガベシロップなどで甘さを加えていることが多い。添加物などは使用していないが、オーガニックだからと言って特別にカロリーが低いわけではない。飲みすぎれば当然、糖分の摂りすぎになることを忘れてはならない。

 

***************************************************

佐藤アキ (Aki Sato)プロフィール

大学時代は社会福祉を専攻。老人福祉を学びボランティア等の経験から「健康」「食」「環境」に強い関心を持つようになる。自身が幼少期から現在に至るまでアレルギー体質であることも、自然・健康産業分野に従事するきっかけのひとつとなった。首都圏を中心にオーガニック専門店を展開する企業で経験と実績を積んだ後、健康関連商品を扱う日本最大級の通販サイトへと活躍の場を移す。リアル店舗の現場からE-コマースの分野へと、当時オーガニック業界とは真逆の文化とも言えるであろう、インターネットという未知の世界に飛び込み、それぞれに黎明期とも言われる時代に経験を積んだユニークな経歴を持つ。それぞれの分野で蓄積された知識と経験を活かし、さらに消費者という情報の受け手側に立った視点も加えたソリューションを提供することを決意。業界先駆けとなるオーガニック専門の情報サイト『TOKYO ORGANIC LIFE (東京オーガニックライフ)』、『ORGANIC PRESS (オーガニックプレス)』を立ち上げた。

http://www.organic-press.com/about/