ホーム > 特集コラム > 海外オーガニック情報 > ショップ・売場 > 多品種少量販売の青果コーナーと遊び心

多品種少量販売の青果コーナーと遊び心

2009 / 03 / 15特集コラム


アメリカ、ロサンゼルスにあるNatural Foods Market erewhonの青果コーナー。大規模のオーガニックスーパーでは、1アイテムあたりの陳列量、ボリュームのある売り場に圧倒されることが多いが、こちらのお店は中規模のため、野菜も種類はそれなりにあるが、1品1品の量はそんなに多くない。そんな多品種少量販売でも、ボリューム感ある売り場に魅せる工夫があったり、裸売りでも鮮度を保持できるよう、ミストで野菜に水分を与える仕組みがあったりしたのが大変印象的だった。

多品種少量販売の青果コーナーと遊び心

日本の野菜用冷蔵ケースは、3~4段の蛍光灯つきの「棚」式であることが多く、下段が一番奥行きがあるものが多い。在庫が少なく、少量の野菜を並べたい場合に、後ろがスカスカになってしまったり、高さのないもの、立てにくい野菜などは、スペースを有効に使うことが難しい。こちらのお店では日本で見られるような棚ではなく、深さの浅い四角い仕切りのある入れ物に入れて斜めに陳列。上部に斜めになった鏡が計算された角度で設置され下の野菜たちの姿が映されているので、より高さやボリュームがあるように見える。じゃがいもや玉ねぎなどの根菜類は、木箱などに入れると、少なくなったときに中身が見えなくなるが、木樽を倒して台にこぼれたように見せて販売するなど工夫している。少ない在庫をボリュームあるように見せる売り場づくりは、日本の自然食品店でもマネできるところがありそうだ。

多品種少量販売の青果コーナーと遊び心

遊び心と対話のある売り場

erewhonの青果コーナーにはロスの野菜や果物で作ったと思われる人形があったりして楽しい。 「この子たちが売場を守ってくれてるんだ!」という、担当スタッフの遊び心だ。

多品種少量販売の青果コーナーと遊び心

子どもやお客様との会話のきっかけにもなり、こんなところからも自然と会話が生まれてきそうだ。

多品種少量販売の青果コーナーと遊び心

このお店では、タトゥーやピアスなど、日本ではちょっと考えられないタイプの個性的なスタッフ方もいて、自由な雰囲気のオーガニックショップだ。それでも、皆、専門知識や商品知識を持っていてプロフェッショナルでフレンドリー。しっかりとした専門知識を持つ担当スタッフが常駐しているので、気軽に質問などもできる。

多品種少量販売の青果コーナーと遊び心

欧米のオーガニックスーパーマーケットは、基本はセルフスタイルの販売方法だが、干渉しすぎない、心地よい接客のあるお店が多い。「対話」があり、「情報」が多く、「品ぞろえ」が豊富。そして「魅せ方」も上手い。日本の売り場では制約もあってできることは限られるかもしれないが、魅力的な売り場づくりのために海外のオーガニックショップから学ぶことは、たくさんありそうだ。

 

***************************************************

佐藤アキ (Aki Sato)プロフィール

大学時代は社会福祉を専攻。老人福祉を学びボランティア等の経験から「健康」「食」「環境」に強い関心を持つようになる。自身が幼少期から現在に至るまでアレルギー体質であることも、自然・健康産業分野に従事するきっかけのひとつとなった。首都圏を中心にオーガニック専門店を展開する企業で経験と実績を積んだ後、健康関連商品を扱う日本最大級の通販サイトへと活躍の場を移す。リアル店舗の現場からE-コマースの分野へと、当時オーガニック業界とは真逆の文化とも言えるであろう、インターネットという未知の世界に飛び込み、それぞれに黎明期とも言われる時代に経験を積んだユニークな経歴を持つ。それぞれの分野で蓄積された知識と経験を活かし、さらに消費者という情報の受け手側に立った視点も加えたソリューションを提供することを決意。業界先駆けとなるオーガニック専門の情報サイト『TOKYO ORGANIC LIFE (東京オーガニックライフ)』、『ORGANIC PRESS (オーガニックプレス)』を立ち上げた。

http://www.organic-press.com/about/