ホーム > 特集コラム > 海外オーガニック情報 > トレンド > 最強のスーパーフード? オーガニック発芽キヌア ORGANIC SPROUTED QUINOA

最強のスーパーフード? オーガニック発芽キヌア ORGANIC SPROUTED QUINOA

2014 / 05 / 5特集コラム


オーガニックキヌアのスプラウテッドが登場。ORGANIC SPROUTED QUINOA日本でおなじみの「発芽玄米」のキヌア版、「発芽キヌア」スプラウテッドシード(sprouted seeds)とキヌア(Quinoa)の組み合わせで、しかもUSDAオーガニック認証という、最強のスーパーフードがアメリカ・オーガニック市場に登場している。もともと栄養価の高いキヌアだが、発芽させることによってビタミンや微量栄養素​​を増やしてさらに栄養を高める。それに加えて栄養素をより利用できるようにする酵素が活性化されることで体内での吸収を高める、というものだ。

オーガニックキヌアのスプラウテッドが登場。ORGANIC SPROUTED QUINOAキヌアの粒はかなり細かいので、見ただけではちょっとわかりにくいのだが、アップにして良く見てみると、確かに、発芽させているのがわかる。

キヌアを発芽させることによって、実際にどれくらい栄養価が高まっているのかは不明ではあるが、このような加工により調理に必要な水は少なくなり、調理時間も大幅に短縮。消費者にとって手軽で便利な食材となることがまた、キヌアのブームに拍車をかけているようだ。スプラウテッドキヌア(SPROUTED QUINOA)は、基本的には加熱調理するものだが、同品は発芽後天日で乾燥させているとのこと。45分から60分程度お湯につけて戻すことにより、RAWで食べることも可能のようだ。

海外のオーガニック製品市場が面白いのは、こういった素材のアレンジの仕方や発想の豊かさ、商品開発の企画力とそのスピードにある。キヌアを単なる栄養価の高い食材の1つとしてだけではなく、粒のものを粉に、パスタに、シリアルに、飲料に、サプリメントに・・・とアレンジ。さらには価値を高めようと発芽させたものを商品化。よりおいしく、より便利に、より楽しく、より高付加価値製品を・・と研究開発に取り組む、その貪欲さ、日本のオーガニック業界も見習いたい。

 

***************************************************

佐藤アキ (Aki Sato)プロフィール

大学時代は社会福祉を専攻。老人福祉を学びボランティア等の経験から「健康」「食」「環境」に強い関心を持つようになる。自身が幼少期から現在に至るまでアレルギー体質であることも、自然・健康産業分野に従事するきっかけのひとつとなった。首都圏を中心にオーガニック専門店を展開する企業で経験と実績を積んだ後、健康関連商品を扱う日本最大級の通販サイトへと活躍の場を移す。リアル店舗の現場からE-コマースの分野へと、当時オーガニック業界とは真逆の文化とも言えるであろう、インターネットという未知の世界に飛び込み、それぞれに黎明期とも言われる時代に経験を積んだユニークな経歴を持つ。それぞれの分野で蓄積された知識と経験を活かし、さらに消費者という情報の受け手側に立った視点も加えたソリューションを提供することを決意。業界先駆けとなるオーガニック専門の情報サイト『TOKYO ORGANIC LIFE (東京オーガニックライフ)』、『ORGANIC PRESS (オーガニックプレス)』を立ち上げた。

http://www.organic-press.com/about/