ホーム > 特集コラム > 海外オーガニック情報 > トレンド > オーガニックアジアンフード・オーガニックエスニックフードに注目!市場拡大に期待

オーガニックアジアンフード・オーガニックエスニックフードに注目!市場拡大に期待

2014 / 09 / 25特集コラム


和食、洋食に並んで、もはや日本人の食生活にすっかり溶け込んでいる、アジアンフードやエスニックフード。タイやベトナム、インドネシアやフィリピン、さらに中国、台湾、韓国、インドなどの調味料や食材、レトルトなどの加工品、飲料や菓子など、日本の輸入食材専門店や、一般のスーパーマーケットでも、気軽に購入することができる時代となった。ところが、日本で購入可能な「メイドインアジア」のオーガニックまたは100%ナチュラルな製品は、まだまだ少ないのが現状だ。いざ、日本で購入しようとすると、オーガニックなものはもちろんのこと、生産者の顔が見えるもの、生産方法や製造工程が明確なもの、添加物を使用していないものを探すのは困難なのだ。こんなに、食卓のグローバル化が進んでいるというのに・・・。

もちろん全くないわけではなく、自然食品店やオーガニックスーパーに行けば、種類は少ないが購入することができる。添加物不使用のカレールゥやレトルトカレー、化学調味料不使用で無かん水の即席ラーメン、化学調味料不使用の中華料理の調味料など、国内の農産物を使用し、国内加工の工程を経ているものもあれば、海外の有機食材を使用して商品化されているものもあるのだが、いわゆる「日本人に好まれる味」のものであって、「本場の食材」「本場の味」であるものは圧倒的に少ない。フォーや生春巻きなどベトナム料理に使う、ヌードルやライスペーパーといった食材。インド料理などにあう海外の豆類や、グリーンカレーやインドカレーなど本場の味のレトルトカレー・・・すでに身近なエスニック食材なのに、オーガニックのものが、みつからない。

オーガニックアジアンフード・オーガニックエスニックフードに注目!市場拡大に期待海外のオーガニックスーパーなどに行くと、その土地独自の製品を発見することがある。中国や台湾では、薬膳などでも古くから使われてきたクコの実や松の実、ハスの実、ゆり根、キクラゲといった食材や豆板醤などの調味料、腐乳や豆鼓などの発酵食品、、、など。漢方&薬膳食材、豆板醤などの調味料で、その土地の有機認証を取得したものもたくさんある。

そんなアジア有機食品との出会いがあるたびに、ああ、これが日本で購入できたらと感じているのだが、いまだに有機の輸入食品は欧米からのものがほとんど。パスタ関連やオリーブオイル、チョコレートなどはどんどん増えている気がするものの、アジア発オーガニック食品は増えてこないし、日本のオーガニック加工食品の商品企画開発もまた、後れをとっているのは何故なのか。そういえば、有機の焼き栗や落花生、干しイモ、穀類や蕎麦やうどんなどの麺類など、中国産の有機食材を使った日本の有機食品は増えてきてるようだが、、、

本場のオーガニック・アジアンフード、オーガニック・エスニックフードに商機あり!?だと、個人的には思っている。今後の市場拡大に期待したい。

 

***************************************************

佐藤アキ (Aki Sato)プロフィール

大学時代は社会福祉を専攻。老人福祉を学びボランティア等の経験から「健康」「食」「環境」に強い関心を持つようになる。自身が幼少期から現在に至るまでアレルギー体質であることも、自然・健康産業分野に従事するきっかけのひとつとなった。首都圏を中心にオーガニック専門店を展開する企業で経験と実績を積んだ後、健康関連商品を扱う日本最大級の通販サイトへと活躍の場を移す。リアル店舗の現場からE-コマースの分野へと、当時オーガニック業界とは真逆の文化とも言えるであろう、インターネットという未知の世界に飛び込み、それぞれに黎明期とも言われる時代に経験を積んだユニークな経歴を持つ。それぞれの分野で蓄積された知識と経験を活かし、さらに消費者という情報の受け手側に立った視点も加えたソリューションを提供することを決意。業界先駆けとなるオーガニック専門の情報サイト『TOKYO ORGANIC LIFE (東京オーガニックライフ)』、『ORGANIC PRESS (オーガニックプレス)』を立ち上げた。

http://www.organic-press.com/about/