ホーム > 特集コラム > オーガニックコラム

オーガニックコラム

理系男子もはまるヨガの魅力とは?

ここのところ、男性たちの間でもヨガが人気となっており、「ヨガ男子」「メンズヨガ」といった言葉も飛び交っています。男性にとってのヨガの魅力とは何でしょうか。実際にスタジオ・ヨギーに通うお客様にお話しを聞かせていただきました。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 15 特集コラム

国産春雨の原料は緑豆じゃなかった?

春雨は中国語では「粉条(フェンティアオ)」といい、本来は緑豆の澱粉からつくられるものだが、日本で販売されているものの多くは、甘藷でん粉(さつまいものでんぷん)や、馬鈴薯でん粉(じゃがいものでんぷん)で作られたものだ。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 1 特集コラム

幸せを呼ぶハーブポマンダー

イギリス メドウズから今年もハーブポマンダーが届きました。ポマンダーは、主にオレンジなどの柑橘系の果物にクローブなどのハーブを刺して作るにおい玉のようなもの。オレンジとスパイスは寒さが厳しいヨーロッパには欠かせない香りの一つです。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 1 特集コラム

悲しくても、おいしくても「色」

タイでは「色」が大きな意味を持つ。食品につけられている色も日本より色彩豊か!本来は植物からとった色素で色をつける。中でも日本にはない透明の紫色はなんとも神秘的。この紫色を出す花がタイ語で「アンチャン」で、英語名は「バタフライピー」 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 23 特集コラム

葛100%「本葛」と澱粉入りの葛粉

一般的に「葛粉」として販売されているものの多くは、葛粉だけではなく甘藷などの澱粉を加えたもの。100%葛からできているとは限らない。本物の葛粉を見分けるには?そして、「ホンモノの葛切り」とは? ...続きを読む>>

2016 / 11 / 1 特集コラム

パーマカルチャーを実践するUBUD(ウブド)の菜食レストラン

バリ島のウブド(UBUD)にある菜食(plant based)レストランmoksaへ。自家菜園の無農薬野菜をたっぷり使っています。ここがすごいのは、permaculture(パーマカルチャー)を実践しているところ。土に還るものを使う、ゴミを出さない意識がサービスにも徹底。 ...続きを読む>>

2016 / 10 / 30 特集コラム

独自の文化と観光客の潜在ニーズによりオーガニックが進むインドネシア・バリ島

インドネシアのバリ島。独自の文化とナチュラルやスピリチュアルが好きな観光客によってオーガニックが進んでいるようです。欧米人に大人気なBali Budaでは、GLUTEN FREE(グルテンフリー)やSUPER FOOD(スーパーフード)、VEGAN(ヴィーガン)製品も! ...続きを読む>>

2016 / 10 / 30 特集コラム

マレーシアに根付くオーガニック!クアラルンプールのオーガニックライフ事情

マレーシア首都クアラルンプール。こちらは後で紹介するスーパーマーケット、AEONや百貨店ISETANはじめ、百均ダイソー、レストランやカフェなども日本企業が続々と進出している印象です。オーガニックはどんな形で根付いている? ...続きを読む>>

2016 / 10 / 30 特集コラム

菜食が主要商戦になる季節

タイ語で「ギンジェー」という菜食週間。「ギンジェー」の季節が来ると、町中の食品を扱う店の前やレストランの看板に黄色い小さな小旗がはためき出す。黄色い旗にはタイ文字で「ギンジェー」と書かれているが、漢字で「斎」とも印刷されている。 ...続きを読む>>

2016 / 10 / 20 特集コラム

女性の未来に続くメドウズのハンドメイドインセンス

メドウズのナチュラルインセンスは、南インドにあるインセンス工場で作られています。このインセンスには、ダーリン・ペインの「インドの実情を一人でも多くの人に知ってもらい、女性の地位向上への理解を深めてほしい」という願いが込められています。 ...続きを読む>>

2016 / 10 / 17 特集コラム