ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ

オーガニックレシピ

乳酸発酵の本格「柴漬け」

京都の伝統的なお漬物「柴漬け 」は、乳酸発酵の自然熟成によりつくられるもの。原材料は、茄子と赤紫蘇と塩のみとシンプル!枝付きの赤紫蘇が流通する梅仕事シーズン、本格的な柴漬けにチャレンジしてみては? ...続きを読む>>

2018 / 06 / 10 特集コラム

梅仕事・副産物 / 丸ごと梅の実入り「梅酒ゼリー」

梅酒の梅の実、捨ててしまうのはもったいない!消費しきれなかった梅の実は「梅酒ゼリー」にしていただくのもおすすめだ。ゴロンと丸ごと1個の梅の実が入った梅酒ゼリーは、お店で出されてもおかしくない、大人のデザートに! ...続きを読む>>

2018 / 06 / 1 特集コラム

梅仕事・副産物 / 丸ごと梅の実入り「梅酒の豚角煮」

いつもはこってり味の「豚の角煮」も、梅酒と梅の実を加えるとあっさり、さっぱりとした味わいに。みりんや余計なお砂糖は不要。梅のちからで豚の臭みも消え、お醤油だけの味付けでも十分美味しい! ...続きを読む>>

2018 / 05 / 30 特集コラム

梅仕事・副産物 / 梅の実入り「梅酒パウンドケーキ」

消費しきれなかった梅酒の梅の実、捨ててしまうのはもったいない!ブランデーではなく梅酒を使い、梅酒から取り出した梅の実は刻んで練りこんで。アクセントに松の実を加えれば、薬膳風「梅酒パウンドケーキ」に。 ...続きを読む>>

2018 / 05 / 25 特集コラム

有機米麹でつくる。三五八漬け床(さごはちつけどこ)

「三五八漬け」は、塩3:麹5:蒸米8の割合で混ぜ合わせて作ることから、この割合にちなんで「三五八(さごはち)」と名づけられたとか。材料は米と麹と塩、たったの3つだけ!甘酒を作る要領で作り方も簡単。 ...続きを読む>>

2018 / 05 / 10 特集コラム

有機生茶葉で具を包む。グルテンフリーお茶の葉シュウマイ

小麦粉でできているシュウマイ(焼売)の皮の代わりに、野菜などを使ってシュウマイの具を包んで蒸しあげる、いわゆる「変わりシュウマイ」。新茶の季節、お茶の生葉が手に入ったらお茶の葉のシュウマイを作ってみて! ...続きを読む>>

2018 / 05 / 5 特集コラム

有機生茶葉でつくるジェノベーゼ。お茶の葉のジェノバソース風

バジルの代わりにお茶の生葉でつくる、ジェノベーゼ。茶葉のフレッシュな香りと味が楽しめるのは、やわらかい新芽のみを加熱せず生のまま使うからこそ。この時期だけの贅沢! ...続きを読む>>

2018 / 05 / 1 特集コラム

有機生茶葉の茶飯(茶めし)

お水の代わりにお茶でご飯を炊く「茶飯」。細かく刻んだ生茶葉を混ぜれば、フレッシュな生葉ならではの爽やかな香りや風味も楽しめる。栄養豊富なお茶を丸ごと摂取できるのも魅力! ...続きを読む>>

2018 / 04 / 30 特集コラム

お茶の葉の天ぷら

摘みたてのお茶の生葉を使った料理は、新茶(一番茶)の時期だけのお楽しみ!摘みたての生の茶葉は、やわらかく苦みも少ないので、生のままサラダ感覚で食べられるほど!まずは定番の「お茶の葉の天ぷら」で試してみて。 ...続きを読む>>

2018 / 04 / 25 特集コラム

お茶がらは捨てずに活用「茶殻入り抹茶クッキー」

お茶を飲むたびに出てしまう、急須で出した後の「茶殻」。まだまだ栄養が残っているのに、そのまま捨ててしまうのはもったいない!抹茶クッキーの生地に練りこめば、抹茶のほろ苦さに加え茶葉の食感もアクセントに。 ...続きを読む>>

2018 / 04 / 20 特集コラム