ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ

オーガニックレシピ

国産の有機甘夏でつくる甘夏マーマレード

爽やかな甘みと酸味が美味しいマーマレード。農薬やワックス、防カビ剤などが気になる方は特に、国産の柑橘類で手づくりするのがおすすめ。いつもは剥いて捨ててしまう皮と、果肉を贅沢にたっぷり使って、マーマレード作りにチャレンジしてみよう。 ...続きを読む>>

2015 / 02 / 20 特集コラム

のどを優しくいたわる。きんかんのはちみつ甘露煮

古くから民間で重宝されてきた滋養食、金柑とはちみつ。蜂蜜には抗菌力と栄養が、そして金柑の皮にはビタミンCがたっぷりと含まれている。きんかんとはちみつは、ちょうど寒さが最も厳しい季節にぴったりの組み合わせだ。 ...続きを読む>>

2015 / 02 / 10 特集コラム

くるみの巻き寿司や太巻きに。鬼胡桃でつくる、くるみの甘辛煮

殻つきの鬼胡桃でつくる、胡桃の甘辛煮は、新潟巻き寿司の具としても定番の味。郷土料理のあたたかみある味わいや魅力を最大限に引き出す、滋味あふれるローカル食材のちから。殻つきの和胡桃(鬼胡桃)を使ってつくりたい。 ...続きを読む>>

2015 / 02 / 1 特集コラム

かんぴょう巻きや太巻きずしに。かんぴょう煮の作り方

干瓢(かんぴょう)はウリ科の夕顔(ユウガオ)の実を、くるくると細長くひも状に剥いたものを乾燥させたもの。かんぴょう巻きや恵方巻き、ちらし寿司の具に、乾物の無漂白かんぴょうを使っていちから手づくりしてみよう。 ...続きを読む>>

2015 / 01 / 30 特集コラム

無添加無着色。白色手づくりでんぶ

昔なつかし、でんぶ(田麩)。でんぶと言えば、ピンク色の「桜でんぶ」を真っ先に思い浮かべる方も多いのでは?やはり気になるのが着色料をはじめとする添加物。白身の鱈を使った手作りのでんぶは、食紅など着色料を使用しないと真っ白に。 ...続きを読む>>

2015 / 01 / 20 特集コラム

邪気を払い万病を防ぐ。小正月に炊く小豆粥

1月15日の小正月にいただく、小豆粥(あずき粥)。邪気を払い万病を除く意味を込め、この日の朝に食べる習慣があったとか。サポニン、ポリフェノールなど健康成分も豊富な小豆は、女性にうれしい、美味しい美容食。行事食だけではもったいない! ...続きを読む>>

2015 / 01 / 10 特集コラム

国産有機米でつくる。自家製ライスミルク

動物性食品を摂らないベジタリアンの方、乳製品、豆製品にアレルギーのある方などの代替品として利用されてきた、お米で作ったミルク、ライスミルク。同じお米を使うものだが、発酵食品である甘酒とは異なるものだ。 ...続きを読む>>

2014 / 12 / 30 特集コラム

オーガニックスパイスとビネガーで漬ける。カリフラワーのカレーピクルス

クセのない味わいだからこそ、合わせる調味料によってあらゆる味へと変化する、冬野菜カリフラワー。いつものピクルスも一工夫でもっとおいしく!カレー味のピクルスは、見た目も鮮やか。美しく食卓を彩ってくれる。 ...続きを読む>>

2014 / 12 / 25 特集コラム

有機豆乳でつくる植物性100%のチーズ。自家製ソイチーズ

ベジタリアンやヴィーガンの方、乳製品を摂取しない方などに、代替品として大豆を使用した植物性チーズというものがある。カッテージやモッツァレラ風の「ソイチーズ」は、豆乳を使い、国産100%、オールオーガニックな素材で作ることも可能! ...続きを読む>>

2014 / 12 / 20 特集コラム

喜ぶを表す縁起物、よろこんぶ。手作りおせち「昆布巻き」

「昆布」「よろこんぶ」「喜ぶ」の語呂合わせで、縁起のよいことからおせち料理にも欠かせない昆布巻き。「巻く」⇒「結び」の意味も込められる。昆布にもいろいろ種類があるが、北海道の日高地方で生産される日高昆布が煮物におすすめ。 ...続きを読む>>

2014 / 12 / 15 特集コラム