ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ

オーガニックレシピ

桜と白花豆の炊き込みごはん

春になると食卓を彩る「桜の塩漬け」。刻んでご飯に混ぜて炊き込むと、ふんわり桜の香りの春ごはんに!この桜ご飯に合わせたいのが「白花豆」。桜のほのかな香りにお豆のホクホクとした食感がプラス。桜のピンクと白で華やかな印象に。 ...続きを読む>>

2018 / 03 / 25 特集コラム

独活の皮は捨てずに活用「ウドの皮のきんぴら」

春の味覚、独活(うど)。いつもは捨ててしまいがちな独活(うど)の「皮」も、細く刻んで人参と一緒に甘辛く味付けすれば、ほんのりウドの香りが春の訪れを感じさせてくれる、大人味の「きんぴら」に! ...続きを読む>>

2018 / 03 / 20 特集コラム

有機白味噌のぬた。「ウドの酢みそ和え」

シャキシャキ感と独特な香りがたまらない春の味覚のひとつ「ウドの酢味噌和え」。シンプルな料理だからこそ、調味料にはこだわりたいもの。是非有機の白味噌と酢を選んでみて! ...続きを読む>>

2018 / 03 / 15 特集コラム

ウドの下処理、あく抜き

独特の爽やかな香りとシャキッとした歯ごたえが美味しい「ウド」。からだばかり大きくて役に立たない人を例えて「ウドの大木」と、揶揄する表現で使われ、主にカタカナやひらがなで目にすることが多いが、漢字では「独活」と書く。 ...続きを読む>>

2018 / 03 / 10 特集コラム

菜の花の茹で方

菜の花というと、長さも太さも揃っていて、ぎゅうぎゅうに束ねて紙で巻かれて販売されているものが思い浮かぶかも?ファーマーズマーケットやオーガニックスーパーなどでは、本来の旬である春になると、様々な種類の有機菜の花が並ぶ。 ...続きを読む>>

2018 / 03 / 5 特集コラム

ひな祭りや桜の季節に。手作り桜餅「長命寺桜もち」

3月3日のひな祭りに欠かせない、桜餅(さくらもち)には、関西風の「道明寺桜餅」、関東風の「長命寺桜餅」がある。クレープ風の生地の長命寺。小麦粉に少量の餅粉(白玉粉など)を加えるため、もっちりとした食感! ...続きを読む>>

2018 / 03 / 1 特集コラム

卵・乳製品不使用。玄米粉でつくるグルテンフリー&ヴィーガンどら焼き

コンビニのレジ前やレジ横の常連和菓子でもあり、お子様からお年寄りまで幅広い世代に愛されている和菓子の代表格「どら焼き」。市販のどら焼きに使用されている原材料が気になる方は、手作りしてみては? ...続きを読む>>

2018 / 02 / 25 特集コラム

白花豆の白あん

自家製のあんぱん、手作りおはぎや大福などに、粒あん、こしあんではなく「白あん」を使いたい方へ。ないのなら、乾燥豆を入手して一から手作りしてしまおう! ...続きを読む>>

2018 / 02 / 20 特集コラム

有機さつまいもの「芋けんぴ」

昔ながらの和風のおやつ「芋けんぴ」。作り方は簡単で、短冊状のさつまいもを油で揚げ、お砂糖を絡めてコーティングするだけ。 ...続きを読む>>

2018 / 02 / 15 特集コラム

サツマイモの皮は捨てずに活用「有機さつまいものきんぴら」

焼き芋や蒸かし芋など比較的そのまま食べることの多いサツマイモの皮も、きんとんやペースト状にして使う場合にはなんとなく捨ててしまいがち。でも、そのまま捨ててしまうのはもったいない!細く刻んで「きんぴら」にすれば、立派な副菜に変身! ...続きを読む>>

2018 / 02 / 10 特集コラム