ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ

オーガニックレシピ

旬の無農薬伊予柑でつくる、手作りいよかんピール

冬の果物といえば、みかんにポンカン、伊予柑などの柑橘類。通常は捨ててしまう皮も、、砂糖漬けなどにすれば保存もでき、美味しく食べられる。輸入の柑橘類は農薬やワックス、防腐剤などが心配だ。皮を使うからこそ、国産無農薬のものを選びたい。 ...続きを読む>>

2014 / 02 / 10 特集コラム

国産の本葛粉でつくる。おなかにやさしい、とろとろ葛湯

葛粉100%の混じりけなしのものは「本葛」と呼ぶことを許されている。一般的に「葛粉」として販売されているものの中には、本葛以外の馬鈴薯でんぷんなどを加えているものが多い。購入するときは、よく表示を確認するようにしよう。 ...続きを読む>>

2014 / 02 / 5 特集コラム

冷えや冬の寒さに負けないために。梅醤番茶であたたまる

特に女性に多い冷えの悩み。陽性の食品でもある梅干しは、あのすっぱい成分「クエン酸」も多く含み、血液をさらさらに、バランスを整えてくれる健康食。マクロビオティックでも定番の飲物であり、寒い季節にぴったりの「梅醤番茶」で、おいしく冬を乗り切ろう。 ...続きを読む>>

2014 / 02 / 1 特集コラム

寒い冬をのりきるために。やさしくのどを守る蓮根湯

風邪をひきやすい季節、コンコンとした咳が出るとき、のどがいがいがするときなど、寒い冬の飲物として昔から受け継がれてきた飲物「れんこん湯」 ...続きを読む>>

2014 / 01 / 30 特集コラム

節分の豆まきに。おやつに美味しい基本の煎り豆とアレンジ豆菓子

2月3日は節分の日。季節の変わり目の邪気を追い払うため、「鬼は外、福は内」と、鬼に豆をぶつける恒例行事。「豆撒き」をしたり、年の数だけ豆を食べることで一年の無病息災を祈る。 ...続きを読む>>

2014 / 01 / 25 特集コラム

油揚げをいなり寿司用に。油揚げの含め煮

祝い事や行事ごと、お弁当にと活躍する稲荷寿司。家庭で簡単に稲荷寿司が作れるよう、味付けした油揚げなども販売されているが、やはり気になるのが添加物。好みの味つけでない場合も多い。油揚げを煮含めるところから、手作りしてみよう。 ...続きを読む>>

2014 / 01 / 20 特集コラム

早春のほろにが味。ふきみそを作る

早春の時期だけにしか味わえない、蕗の薹(ふきのとう)。ちょうど雪解けの時期に畑や田んぼの土手など、土の中から顔を出し始め、春の到来を感じさせてくれる。ふきのとうには独特の香りと苦みがあるが、この苦み成分はフキノール酸をはじめとするポリフェノールだ。 ...続きを読む>>

2014 / 01 / 15 特集コラム

つくって、待って、食べて、楽しむ。自家製みその作り方

どこの家庭にでもある基本の調味料、お味噌。味噌作りは年間を通して可能だが、昔から「寒仕込み」と言って、雑菌が繁殖しにくい1月~2月に仕込むのが一般的。自家製の味噌作りにチャレンジしてみよう。「手前味噌ですが・・・」と、自慢しておすそ分けしたくなるに違いない。 ...続きを読む>>

2014 / 01 / 10 特集コラム

お餅を干してかき餅をつくる。手作り玄米あられ

お正月前に用意したお餅、いただいたお餅などが食べきれずに余ってしまったとき、お雑煮、焼きもち以外の食べ方としておすすめしたいのが、「かきもち」。サイコロ状にカットすれば「あられ」に、薄切りにすれば「おかき」として、子供から大人まで楽しめる自然派おやつに変身! ...続きを読む>>

2014 / 01 / 5 特集コラム

一本挽きそば粉でつくる。挽きぐるみそばがき

「挽きぐるみ」とは、玄そばの果皮(そば殻)がついたままに、石臼などで挽いたそば粉のこと。全粒粉や玄米粉と同様に栄養価も高く、そば本来の風味も強く感じられる。そば粉100%、つなぎやうち粉にも小麦粉を使う必要がない「そばがき」はグルテンフリー食としても注目。 ...続きを読む>>

2013 / 12 / 30 特集コラム