ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 出汁仕事

出汁仕事

だしがらでつくる「いりこと胡桃の甘辛煮」

お味噌汁などを作る時、煮干しで出汁をとると残ってしまうだしがら。出汁をとった後の煮干しは柔らかく食べやすくなっていて、骨ごと食べられる健康的な食材。捨てるのはもったいない! ...続きを読む>>

2018 / 01 / 10 特集コラム

だしがらでつくる「鰹節のふりかけ」

使い切れずに溜まってしまいがち、鰹節のだしがらを甘辛く味付けした「ふりかけ」。ちりめんじゃこや胡麻、刻み海苔などをたっぷり加えると、ワンランク上の高級ふりかけに変身! ...続きを読む>>

2017 / 12 / 25 特集コラム

だしがらでつくる「椎茸と昆布の佃煮」

出汁をとると必ずできる、だしがらを、そのまま捨ててしまうのは勿体ない!ちょっとひと手間で、立派なお惣菜に変身。甘辛く煮た椎茸と昆布の佃煮は、アツアツ炊き立てのご飯にぴったり! ...続きを読む>>

2017 / 12 / 20 特集コラム

基本の出汁の取り方「椎茸と昆布の精進だし」

昆布に含まれる旨味成分「グルタミン酸」と、干し椎茸に含まれる「グアニル酸」。椎茸のみの出汁よりも、むしろ組み合わせて使うと相乗効果で旨味が引き出され、より美味しい出汁に! ...続きを読む>>

2017 / 12 / 5 特集コラム

基本の出汁の取り方「鰹と昆布の合わせだし」

「かつおぶし」と「昆布」の黄金の組み合わせ、基本の合わせ出汁。鰹節の旨味成分「イノシン酸」やおよそ20種類にも及ぶアミノ酸に加え、昆布に含まれる旨味成分「グルタミン酸」。 ...続きを読む>>

2017 / 12 / 1 特集コラム

基本の出汁の取り方「煮干しだし・いりこだし」

煮干し(カタクチイワシ)を使ったいりこだし。頭とはらわたを取り除いて下処理しておくと、より雑味がなくなり澄んだ美味しい出汁に!お子様でも簡単にできるので、楽しみながら一緒に手仕事するのもおすすめ。 ...続きを読む>>

2017 / 11 / 30 特集コラム

基本の出汁の取り方「昆布だし」

定番の出汁のひとつ、「昆布だし」。昆布だしは煮出しするほか、「水だし」するだけでも美味しく旨味を引き出せる。出した後の昆布も刻んで煮物にしたりと、捨てるところなし! ...続きを読む>>

2017 / 11 / 25 特集コラム

基本の出汁の取り方「鰹だし」

和食のベースとして定番の「かつおぶしだし」は、日本料理には欠かすことができない存在。インスタントの出汁も手軽で便利だけど、家庭でも本格的なだしを味わいたい!まずは基本の「かつおだし」から始めてみて! ...続きを読む>>

2017 / 10 / 10 特集コラム