ホーム > 特集コラム > オーガニックレシピ > 海藻類

海藻類

有機黒酢でさっぱりと炊きあげる。新物もずくの「もずくご飯」

3月頃から早摘みのもずくが出始め、4~5月頃に天然ものの収穫最盛期を迎えるもずく。ポン酢などでいただくのはもちろんのこと、有機黒酢を加えたもずくの炊き込みご飯もおすすめ。お酢を加えることでさっぱりとした味に! ...続きを読む>>

2017 / 05 / 1 特集コラム

わかめと釜揚げしらすの混ぜご飯

給食のメニューやお弁当でもおなじみのシラスとワカメのご飯。春の新ワカメと釜揚げのシラスでつくる混ぜご飯は、磯の香りが口の中いっぱいに広がる旬のごちそう! ...続きを読む>>

2017 / 04 / 15 特集コラム

有機大豆と昆布の甘煮「昆布豆」

大豆と昆布は、どちらも日本の伝統食材で健康食。この最強の組み合わせの煮物「昆布豆」は、昔からおふくろの味として食卓にのぼる煮豆の一つ! ...続きを読む>>

2017 / 02 / 10 特集コラム

春のタケノコと新ワカメのお吸い物「若竹汁」

春のタケノコと新ワカメ、どちらも「新物」が出回るシーズンには、思う存分味わいたいもの。筍とワカメの組み合わせは、もちろん味噌汁も美味しいのだが、出し汁とほんのわずかなお醤油で香りづけした、お吸いもの「若竹汁」で。まずはシンプルに、素材の味を味わいたい。 ...続きを読む>>

2016 / 04 / 1 特集コラム

乾物「ひじき」のお惣菜。国産芽ひじきの煮物

文部科学省発表で、「日本食品標準成分表」に記載のひじきの鉄分含有量が、9分の1に激減?ひじきは鉄分が多いという話は嘘だったのか、、、と嘆く声も。それでも、食物繊維やカルシウムなど他の栄養成分においては優秀なことは変わらない! ...続きを読む>>

2016 / 02 / 5 特集コラム

喜ぶを表す縁起物、よろこんぶ。手作りおせち「昆布巻き」

「昆布」「よろこんぶ」「喜ぶ」の語呂合わせで、縁起のよいことからおせち料理にも欠かせない昆布巻き。「巻く」⇒「結び」の意味も込められる。昆布にもいろいろ種類があるが、北海道の日高地方で生産される日高昆布が煮物におすすめ。 ...続きを読む>>

2014 / 12 / 15 特集コラム

旬の生あおさで海苔の佃煮をつくる

春に採れる新物、初物の海藻類は、新鮮で栄養価も高く、立ち上る磯の香りも豊か。旬のこの季節にたっぷりと味わっておきたい。生の石蓴(あおさ)をお味噌汁に加えたり天ぷらや酢の物などでいただくほか、佃煮にすると美味しい。ごはんの友以外にも様々な料理に活用しよう! ...続きを読む>>

2014 / 04 / 20 特集コラム

アイルランドで古くから伝わる飲み物。アイリシュモスのレメディー

日本でも昔から伝わる民間療法や食養生などがあるように、アイルランドでは風邪などで調子がすぐれない時、咳が出るときなどに飲むものがある。ツノマタ属の海藻「アイリッシュモス」のとろりとした粘性が、のどを優しくいたわってくれる。 ...続きを読む>>

2014 / 02 / 15 特集コラム

天草からところてんを作る

ほんのりと磯の香りが感じられる昔ながらのところてんを、国産の天草(てんぐさ)を使っていちから手作りしてみよう。天草のみ、無添加でできたての手作りところてんは、スーパーなどで一般にパック販売されているものとは、味も食感も比べものにならないほど美味しい。 ...続きを読む>>

2013 / 08 / 20 特集コラム