ホーム > 特集コラム > 海外オーガニック情報

海外オーガニック情報

無麩質&全素(グルテンフリー&ヴィーガン)台湾の有機玄米パスタ「有機糙米糆條」

台湾の有機玄米を使った玄米パスタ、有機蕎麥糙米糆條(Organic Buckwheat & Brown Rice Spaghetti)を試してみた。オーガニックの認証を取得しているだけでなく、ヴィーガンやグルテンフリー、ホールグレインといった健康のキーワードも ...続きを読む>>

2016 / 08 / 30 特集コラム

台湾政府によるファーマーズマーケット「希望廣場 The Hope Plaza Farmers Market」

日本でいう農水省、台湾の行政院農業委員會による農産物直売所(いわゆるファーマーズマーケット)が、台北市にある。その名も「希望廣場(The Hope Plaza Farmers Market)」。台湾の各地から農家が集まり、有機農家も多数出店。土日のみ開催。 ...続きを読む>>

2016 / 08 / 20 特集コラム

日本から台湾へ。有機食品を販売する上で壁となるもの / こだわりや台北信義店(胡田和里家)

こだわりや「胡田和里家 台北信義店」現地取材で、日本の有機食品を輸入、販売する上で困っていることは何かと訊ねてみた。一番に出てきた答えは「表示」に関する問題だった。日本の有機食品を台湾で販売するための苦肉の策と、今後についての課題、展望とは。 ...続きを読む>>

2016 / 08 / 15 特集コラム

日本の自然食品店が台湾へ進出。異国の地で「売れる」予測の難しさ / こだわりや台北信義店(胡田和里家)

国内外で40店舗(2016年8月現在)の自然食品店を展開する株式会社こだわりや。2015年2月に海外店舗「胡田和里家 台北信義店」をオープンしてから、もうじき約1年半。そんな、こだわりや台北信義店様の現地取材をさせていただきました。 ...続きを読む>>

2016 / 08 / 15 特集コラム

台湾最大級の食品見本市「FOOD TAIPEI 2016」にみたアジア有機食品業界の展望

2016年6月22日〜25日、台湾最大級の食品見本市「FOOD TAIPEI 2016」が、台湾・台北市にて開催された。出展者、来場者ともに前年を上回る盛況ぶり。近年健康意識の高まりとともにオーガニックへの注目も高まっており、有機食品メーカーも多数出展していた。 ...続きを読む>>

2016 / 07 / 10 特集コラム

キーワードは「ジェネレーションY」若い世代の消費行動がニュージーランドのオーガニックマーケットを動かす

20代の若い世代で、独身もしくは小さい子供がいる若い家族、都会に住んでいて、ビジネスでも決定権がある、フルタイムで働いている、などといった「GenY(ジェネレーションY)」が、オーガニックやフェアトレードを多く購入し、この数年でいわゆる「エシカル消費」へとシフト ...続きを読む>>

2016 / 06 / 13 特集コラム

Brendan Hoare氏によるNew Zealand Organic Market Report「ニュージーランドのオーガニックマーケットレポート」

世界的に成長を続ける有機市場同様、ニュージーランドのオーガニック市場も例にもれず、年々拡大しているという。国外への輸出量も右肩あがりに成長。中国をはじめその他アジア諸国でのオーガニックの広がりに勢いがみられている。 ...続きを読む>>

2016 / 06 / 10 特集コラム

ピーナッツバターをこよなく愛する米国ならでは?進化系オーガニックピーナッツバター

ピーナッツバター大好きな国アメリカでは、NON-GMO(非遺伝子組み換え)、無添加、ナチュラル、オーガニックのピーナッツバターはもうあたり前に流通しているが、最近ピーナッツバターのトレンドに変化が!?ヘルシーに進化した製品や、グルメ志向のものなどが続々と登場 ...続きを読む>>

2016 / 05 / 5 特集コラム

ORGANIC・RAW・VEGAN・GLUTEN FREE・NON-GMO 小麦やコーンを使わないベジラップ(ORGANIC WRAPS)

米国オーガニックスーパーに並ぶ、ナチュラル&オーガニック・ラップ(Wraps)のトレンドは、RAW(ローフード)、VEGAN(ヴィーガン)、GLUTEN FREE(グルテンフリー)、そしてPALEO FRIENDLY(パレオフレンドリー)。原材料のメインは野菜と果物。そしてフラックスシードなどのシード類。 ...続きを読む>>

2016 / 05 / 5 特集コラム

MADE RIGHT HERE!便利なカット野菜や半調理食品、デリに力を入れる、米国オーガニックスーパー

ここ数年の間に、海外のオーガニックスーパーの売り場が変化している。盛り付けるだけ、焼くだけ、炒めるだけ、煮込むだけ・・・といったように、用途に合わせた大きさにあらかじめカットしてある、野菜や肉などの半調理食品(Leady to cook)売り場が急激に拡大。 ...続きを読む>>

2016 / 05 / 1 特集コラム