ホーム > 特集コラム > 海外オーガニック情報 > ショップ・売場

ショップ・売場

フリーマガジン掲載レシピとWEBと連動する売場づくり「スペインオーガニック専門店VERITAS(ヴェリタス)

2002年に設立されたスペインのオーガニックスーパー、VERITAS(ヴェリタス)。売場での展開と販促ツールとなる配布物、そしてWEBとをうまく連動させており、きちんと導線設計がなされている好例をご紹介。 ...続きを読む>>

2017 / 10 / 15 特集コラム

バルセロナのデパ地下「El Corte Ingles (エル・コルテ・イングレス)」青果売り場

スペインにある唯一の百貨店グループ「El Corte Ingles (エル・コルテ・イングレス)」。地下一階スーパーの青果売り場中央には地産地消、ローカル野菜がずらり。大きな「Venda de proximitat」のマーケティングサインが目印だ。 ...続きを読む>>

2017 / 10 / 14 特集コラム

スペインのスーパーマーケットも「健康ソリューション」にフォーカスした売場づくり

スペインの一般大衆向けの比較的安い価格設定のスーパーでもオーガニック製品を多数取り扱っており、同時に人々の「健康」づくりに貢献するための食品を積極的に販売促進していたことに驚いた。 ...続きを読む>>

2017 / 10 / 13 特集コラム

オーガニックパンが身近な存在。BIO認証ブレッドが日常にある国フランス

フランスの食卓に欠かせない国民食「パン」。ここフランスでは、ビオ(オーガニック)の原料を使用しているものはもちろんのこと、BIO認証を取得したパンも珍しくない。一般のスーパーでも普通のパンと一緒に販売され、気軽に購入できる。 ...続きを読む>>

2016 / 12 / 1 特集コラム

海外のビオPB製品に学ぶ。シンプルすぎるパッケージじゃつまらない!PBらしさからの脱却

NBメーカーの製品の多くが各社工夫を凝らし、消費者の関心をひきブランドを際立たせる一方、PB製品はシンプルなデザイン、簡易なパッケージが多いという印象。家庭で使う分にはいいのだが・・・。 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 15 特集コラム

パリのスーパーMonoprix(モノプリ)青果売場の3割はビオ!? PBオーガニックラインも展開

フランス発の高級スーパーマーケット、といえば「Monoprix(モノプリ)」。青果売場のラインナップを見て驚いた!ざっと見て全体の3割ほどがBIOの野菜や果物で占められていた。 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 11 特集コラム

GLUTEN FREE(グルテンフリー)は、コーナー展開から専門店時代に突入

欧米で「グルテンフリー(GLUTEN FREE)」は取り扱いはもちろんのこと、認証マーク、プライスカードでの表示、コーナー展開なども当たり前の光景。既にロンドンではグルテンフリーベーカリー&カフェが登場。パリでは、グルテンフリー専門店が存在している。 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 10 特集コラム

フランス・パリ オーガニックスーパー・自然食品店視察先まとめ

フランス、パリにはたくさんあるビオスーパー。オーガニック業界の方がパリに行ったら、視察しておきたい店舗をまとめました。 ...続きを読む>>

2016 / 11 / 6 特集コラム

グルテンフリーのベーカリー&カフェも登場!ロンドン GLUTEN-FREE BAKERY

欧米では小麦を使わないグルテンフリーのパンはオーガニックスーパーなどの専門店を中心に購入が可能だが、なんと、イギリス・ロンドンではもう、路面店のグルテンフリーのベーカリーが存在していた! ...続きを読む>>

2016 / 11 / 5 特集コラム

台湾政府によるファーマーズマーケット「希望廣場 The Hope Plaza Farmers Market」

日本でいう農水省、台湾の行政院農業委員會による農産物直売所(いわゆるファーマーズマーケット)が、台北市にある。その名も「希望廣場(The Hope Plaza Farmers Market)」。台湾の各地から農家が集まり、有機農家も多数出店。土日のみ開催。 ...続きを読む>>

2016 / 08 / 20 特集コラム