ホーム > 特集コラム > 【野菜別】有機野菜のレシピ

【野菜別】有機野菜のレシピ

有機サツマイモの「さつま芋ご飯」

新米の時期になると必ず恋しくなる、秋の味覚「さつまいもご飯」。ほくほく甘くて美味しいさつまいもご飯は、子供も大好き。9月頃になってくると適度に甘みも増してくるサツマイモ。この時期はまだ皮も薄く鮮度もいいので、さつまいもご飯にぴったり! ...続きを読む>>

2016 / 09 / 10 特集コラム

有機かぼちゃの煮物。南瓜の甘煮

7月~8月に収穫される南瓜は、収穫してすぐより、2~3か月ほど貯蔵した頃が甘みが増して美味しくなり食べごろとなる。「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」と言われるのも、冬の栄養源として食してきた、昔の人たち知恵からくるもの! ...続きを読む>>

2016 / 09 / 5 特集コラム

有機枝豆でつくるずんだ餡。ずんだもち

淡い緑色が見た目にも涼しげで、さっぱりとおいしい夏のおやつ、ずんだ餅。茹でたての有機枝豆で作ったずんだ餡のおいしさは格別!枝豆の美味しい季節だけのお楽しみ。作り立ての餡をお餅や団子にからめ、枝豆の風味を楽しんで。 ...続きを読む>>

2016 / 08 / 30 特集コラム

有機なすと八丁味噌でつくる「茄子の味噌田楽」

「茄子の味噌田楽」は、代表的な日本のお惣菜の1つ。米茄子や賀茂茄子など、大きく肉厚で崩れにくい茄子を厚めに切って、野菜のステーキとしてもどうぞ。ボリュームや食べごたえもあるのにヘルシー! ...続きを読む>>

2016 / 08 / 10 特集コラム

有機生とうもろこしから作る。粒コーンスープ

玉蜀黍の粒たっぷり「食べるコーンスープ」は、旬のこの時期限定。とうもろこしの芯の旨みも無駄にせず、一緒に煮込んで出汁をとり、牛乳や生クリームを使わず豆乳でヘルシーに。シンプルな材料でつくるからこそ、鮮度の良い皮付き有機玉蜀黍を選んで! ...続きを読む>>

2016 / 07 / 30 特集コラム

生玉蜀黍は皮ごと茹でる。とうもろこしの美味しい茹で方

鮮度が落ちるスピードが速い玉蜀黍(とうもろこし)は、できるだけ新鮮で皮付きのまま販売されているものを選ぶようにしたい。皮をむいたらすぐに茹でること。うまみや甘みをぎゅっと閉じ込めるように、薄皮1枚分を残して水から茹でるのがおすすめ! ...続きを読む>>

2016 / 07 / 20 特集コラム

枝豆の茹で方

枝豆は鮮度が落ちるスピードがとても速いので、できれば土付き、枝付きで収穫された鮮度の良いものを選びたい。旬の時期に食べる茹でたての枝豆は、味も香りも食感も、冷凍のものとはまったくの別物。もぎたての枝豆の鞘を、茹でたてでいただこう。 ...続きを読む>>

2016 / 07 / 10 特集コラム

新ごぼうの白和え

秋冬に旬を迎え収穫される牛蒡を初夏に若取りした新牛蒡(秋まき・春採り)は、秋から冬のゴボウに比べ香りも良く、柔らかいのが特徴。柳川鍋に使われるゴボウとしてもおなじみだ。サラダや白和えなどにして食べるのがおすすめ。この時期だけの旬の香りを楽しんで。 ...続きを読む>>

2016 / 06 / 1 特集コラム

有機人参のサラダ。キャロットラペ

葉付きの有機人参は、甘くてジューシー!もし手に入ったら、皮も葉もまるごと生のままで味わいたい。オーガニックのレモン汁と良質のオイルを使ったキャロットラペ。レーズンや好みのナッツ、葉っぱも刻んで入れて、フレッシュな春の人参を丸ごと味わおう。 ...続きを読む>>

2016 / 04 / 30 特集コラム

有機新玉ねぎでつくる。和風オニオンドレッシング

甘くてみずみずしく、生のまま水にさらさなくても美味しく食べられる「新玉ねぎ」。薄くスライスしてサラダにしていただくのはもちろんのこと、生のまますりおろして、新玉ねぎのドレッシングにして。サラダはもちろん、お肉料理にもぴったり! ...続きを読む>>

2016 / 04 / 25 特集コラム