ホーム > 地方創生 > OASISBANKがオーガニックで地方創生を支援

OASISBANKがオーガニックで地方創生を支援

2016 / 10 / 31地方創生


一般社団法人OASISBANKが受託する”オーガニックな活動”のサポートとは

~「木更津市オーガニックシティプロジェクト推進協議会」が、木更津市オーガニックシティフェスティバルを開催~

OASISBANK (以下「OASIS」という。OASISは、ORGANIC ASIA SUPER INNOVATIVE SUPPORTERSの略))は、2016年5月に設立された一般社団法人です。

OASIS発足の発端は、2015年6月、IFOAM ASIA(世界有機農業アジア連盟)の日本代表理事に、またアジア初の女性理事として就任した大石リカ・デリシャスがIFOAM ASIAを通じて知ったアジア各国の有機農業を中心とする一次産業における国家戦略と実態、そして日本国内の政治・農業政策における膨大な課題を知ったことです。アジア地域の持続可能な社会形成に貢献すべく、日本の若きアントレプレナーたちを集め、チームを形成しました。

OASISBANKがオーガニックで地方創生を支援

私たちは、アジア社会が直面する複雑かつ様々な課題の解決に『持続・有機・倫理(サスティナブル・オーガニック・エシカル)』な思想が不可欠と考え、SMART ASIAの形成を目指しています。

SMART ASIAを、「アジアの未来を持続可能なものにするイノベーションやソーシャルインパクトを生み出すチェンジメイカーたちが絶えず生まれ、育まれる場」と定義し、

1) アジアのチェンジメーカーへの資金提供
2) オーガニックシティーコンセプトの政策提案と実行支援
3)「オーガニック・エシカル・サステナブル」

な考え方を持つ人財育成プログラムの3つを柱にプロジェクトを進めていきます。

国内をはじめ、アジアの都市圏を軸に、地方も含めた生活者が「サスティナブル・オーガニック・エシカル」な考え方を自らのライフスタイルに取り入れていただくために、100万人規模のソーシャルインパクトを生み出す可能性を秘めたチェンジメーカーたちと共に、より良いアジア社会の形成を目指して前進してまいりたいと考えております。

OASISBANKがオーガニックで地方創生を支援

その活動の一つとして、OASISでは、今年4月よりオーガニックなまちづくりを市政に掲げる千葉県木更津市が参画している木更津市オーガニックシティプロジェクト推進協議会でのまちづくりコンセプト構築やまちづくり推進方策の策定に向けた市役所内での職員向けワークショップ等の受託をして参りました。

OASISBANKがオーガニックで地方創生を支援

木更津市がまちづくりの取り組みを知っていただくためのフェスティバル及びIFOAM Asiaと連携したフォーラムが11月のオーガニックウィーク期間に実施されます。このフェスティバルは木更津市の市職員および市民が初めて「オーガニックなまちづくり」に対するアイデアを自ら考え、形にしたものであり、市民をはじめオーガニックに関心を持つ幅広い方々も参加いただけるものです。是非、多くの方にご参加いただけることを願っております。

OASISBANKの各種プロジェクトの進捗など、今後オフィシャルサイト及び提携メディアにて連載してまいりますので、皆様のフォローとご助言をお待ち申し上げております。

■フェスティバル&フォラーム等の開催予定
11月16日(水)木更津市オーガニックシティフェスティバル in かずさアカデミアパーク
11月17日(木)ALGOA FORUM IN Kisarazu in かずさアカデミアパーク
11月18日(金)“ASIA ORGANIC” conference in ORGANIC FORUM JAPAN in 東京国際フォーラム

OASISBANK理事一同

【本リリースに関するお問合わせ先】
OASISBANK.org
Email: tayama@oasisbank.org