ホーム > 製品紹介 > 有機種子・苗・資材 > オーガニックの種から育てる発芽豆 ひよこ豆

オーガニックの種から育てる発芽豆 ひよこ豆

2017 / 08 / 2 製品紹介


ひよこに似た形がキュートな「ひよこ豆(CHICKPEA)」は、たんぱく質やミネラル、ビタミンが豊富な注目のスーパーフードです。スーパーフードは育てる時代へ。オーガニックの種から育てる発芽豆「ひよこ豆」は、育てるのもカンタンで、見て楽しく、食べておいしい、と三拍子そろったスプラウト。豆類や穀類は通常生では食べられませんが、水耕栽培することで栄養価もアップした発芽状態で食べることができます。

オーガニックの種から育てる発芽豆 ひよこ豆

発芽したての豆は栄養たっぷり。 生で食べられ酵素も摂れるので、とってもヘルシーな食材です。日本の有機JAS認証を取得。化学農薬・化学肥料なし、遺伝子組換えなし、化学種子消毒なしで栽培、採種されたオーガニック・ビーンズです。食品検査も実施しているので、安心・安全に栽培をお楽しみいただけます。(※検査項目:O-157、E-coli、サルモネラ菌)

オーガニックの種から育てる発芽豆 ひよこ豆

JAS有機認証取得

JAS有機認証を取得しています。 種子を育成、生産する過程においても、農薬や化学肥料を使用せず、環境への負荷をできる限り低減して生産されています。

有機JASマーク
◎農薬・化学肥料を使用していません。 ※1※2
◎採取後の種に消毒していません。
◎遺伝子組換を行っていません。

※1 種の育成(生産)期間中
※2 一部の農薬を製剤化した微生物農薬等は生物的防除手段として使用が認められています

食品検査を実施

食品検査種を口にしたときの安全を確認するため、全ての発芽豆品種に食品検査を実施しています。
検査項目:O157, E-coli, サルモネラ菌

オーガニックの種から育てる発芽豆 ひよこ豆

◎栽培が簡単!

栽培方法(栽培専用ジャーを使用する場合)
1.栽培専用ジャーに豆を入れ、豆の3~4倍の水を注ぎ8~12時間水に浸けます。
2.毎日水洗い、水切りを繰り返します。
3.1日1~2回水替えします。(アミ付きのフタをしたまま水を入れ軽くすすぎ水を捨てる、を数回繰り返します。)
4.発芽した豆を収穫します。(2~3日)

オーガニックの種から育てる発芽豆 ひよこ豆

◎おすすめの調理 

中東では「フムス」ペーストにしてパンにつけて食べるのが定番。 サラダに入れるとボリュームたっぷりパワーサラダに!1~2日発芽させて生でもいただけるほか、いつものように水に浸して茹でてお料理にもご利用ください。

オーガニックの種から育てる発芽豆 ひよこ豆

◎選べる豊富なラインナップ

・有機フェヌグリーク Fenugreek
・有機ひよこ豆 / ガルバンゾ Chickpeas
・有機青えんどう豆 Green peas
・有機マングビーン/ 緑豆 Mung Beans
・有機レンズ豆 Lentills
・有機クリムゾンレッドレンズ豆 Crimson Lentils

GREENFIELDPROJECT

製品名 オーガニックの種から育てる発芽豆 ひよこ豆
メーカー・ブランド Green Field Project
原産国 種の原産国は商品パッケージに記載しています。(輸入ロットにより異なる場合があります)
内容量 Mサイズ(180ml)
小売価格 646円(内税)
JANコード
サイズ H×W 180㎜x110㎜
原材料名 有機ひよこ豆
栄養成分
その他 発芽率:70%以上
学名:Cicer arietinum
科:マメ科
タイプ:一年草
※栽培用に限らず食用豆としてもお料理にご使用いただけます。

お問合せ情報

企業名 株式会社グリーンフィールドプロジェクト
担当
TEL 0969-24-7969 (平日9時~17時)
FAX
E-mail info@gfp-japan.com
HP http://gfp-japan.com/
お問合せページ http://gfp-japan.com/support
Web Shop http://shop.gfp-japan.com/
その他