ホーム > ニュース > イベント開催 > 上映公開・試写会・写真展示会 > 「ほたるの川まもりびと」上映会&トークセッション【OLEサテライト会場 9月22日(土)14:00~】

「ほたるの川まもりびと」上映会&トークセッション【OLEサテライト会場 9月22日(土)14:00~】

2018 / 08 / 22ニュース


2018年9月22日(土)第3回オーガニックライフスタイルEXPO、サテライト会場にて、2018年グリーンイメージ国際環境映像祭、グリーンイメージ賞を受賞した、ドキュメンタリー映画「ほたるの川まもりびと」の上映会が開催されます。上映会後には、山田英治監督、辻井隆行氏、渡邊智恵子氏、(司会:鎌仲ひとみ氏)が登壇。トークセッションも開催されます!

※当日は映画会場(東京ミッドタウン日比谷)でのお支払は対応しておりません。事前申込・お振込みをお勧めしております。

「ほたるの川まもりびと」上映会&トークセッション【OLEサテライト会場 9月22日(土)14:00~】
「43年も前に計画されたダムが、なぜ今でも見直されることがないのか。映画に出てくるおばちゃんや子どもたちの笑顔がいい。悲壮感がない。自然の中での暮らしを楽しんでいる。この豊かな生活を暴力的に奪う権利は誰にもない。」藤田和芳(オイシックス・ラ・大地株式会社会長)

「今ここの地にダムが必要か?今を生きる全ての人に関係する問題。未来の人に恨まれない選択のために、失われる大切な環境に今一度目を向けてみよう!伊勢谷友介 (俳優・映画監督)

「この映画を見て泣きたくなるほどの幸せを感じた私。子供達の歓声、おばちゃんたちの華やぎ、美しい川、山、蛍、、、この大切なものを失おうとしているのは、川原(こうばる)の人たちだけではない。」加藤登紀子(歌手)

「暗い中に小さくぽっぽっと光る、ほたるがほんとにきれいで切なかった。小さな聞こえない声で<ココニイルヨ、ココニイルヨ>って言ってる。遥か宇宙の彼方から見たら、私たちひとりひとりがほたるみたいに見えるのかもしれないなあ。ほたるを守れないって、人の暮らしを守れないってことかもしれない、そう思ったらなんだか泣けて仕方なかった。」枝元なほみ(料理研究家)

「国家権力の元、強引に迫ってくる妥協のない自然破壊のなかで、おだやかな人間のこころそのままに里山を守ろうとする人々の淡々とした描写が美しい。決していきりたつこともなく、しかし粘り強く手をつなぎ、真剣にたたかう人間の力に感動した。」椎名誠(作家) 

現地長崎県でもあまり知られていない石木ダム計画。美しい里山の自然が残る川原(こうばる) 地区で暮らしていた人々の一部は説得され、 補償金をもらって去っていき、いま残っ ているのは13世帯54人。 夜中に異音がすれば 飛び起きて確認に行き、暑かろうが寒かろうが 毎朝工事予定地でバリケードを作って座り込みます。利水・治水 というダム建設の根拠が、既に専門家によって疑問視されている中、「ダム建設の当事者とは?」「普通に暮らすとは?」という素朴な疑問を投げかけてくる映画です。「一緒に考えましょう」と。

トークショーには山田英治 監督も登壇。

「ほたるの川まもりびと」上映会&トークセッション【OLEサテライト会場 9月22日(土)14:00~】

■作品概要 

現地長崎県でもあまり知られていない「石木ダム」計画。現地、川原(こうばる)の人々はこの大きな力にあらがって約半世紀もの間、たたかい続けて来た。かつて同じ地域に暮らしていた人々の一部は説得され、補償金をもらって地域から去って行った。今、残っているのは13世帯54 人あまり。虚空蔵(こくうぞう)岳を望む川原は今では非常に貴重になった美しい里山。四季折々に変化する自然の中でダム反対の活動は川原の人々の生活の中に溶け込んでしまった。夜中に異音がすれば飛び起きて確認に行き、暑かろうが寒かろうが毎朝工事予定地の前でバリケードを作り座り込む。それもこれもただただ普通に暮らしたいという思いだけ。ダムは利水・治水が目的だというがその根拠はすでに専門家によって大きなクエスチョンマークを突きつけられている。この映画は単にダムに反対する映画ではなく、私たちに普通に暮らすとは、ダム計画の当事者とは誰だろうか、というような素朴な疑問を優しく差し出してくる、一緒に考えましょう、と。

「ほたるの川まもりびと」上映会&トークセッション【OLEサテライト会場 9月22日(土)14:00~】

■作品制作の背景  

監督の山田英治は大手広告代理店で働きながらこの作品を作りました。3.11 をきっかけに自らの仕事の意義を問い直し、何か社会に本来の意味で資する活動をしたいと個人でNPO を立ち上げた矢先に、この映画の現地を訪れ、映画化を決意。2 年間、現地に通って本作を完成させました。山田監督にとって初めてのドキュメンタリー作品です。現地に山田監督を誘い、その背中を押したのは本作のプロデューサーでもあるPatagonia の日本支社長、辻井隆行。この二人の出会いが映画を生み出したことになります。

プロデューサー:山田英治、辻井隆行、江口耕三 監督:山田英治 撮影:百々新 編集:豊里洋、野崎健太郎 編集監修:安岡卓治
音楽:青空 制作:NPO 法人 Better than today.  2017 年/ 日本/86 分/ デジタル/16:9/ ドキュメンタリー
公式サイト:www.hotaruriver.net
https://www.facebook.com/savekobaru/
@hotaruriver

「ほたるの川まもりびと」上映会&トークセッション【OLEサテライト会場 9月22日(土)14:00~】

第3回オーガニックライフスタイルEXPO
サテライト会場映画上映会&トークセッション

ドキュメンタリー映画「ほたるの川まもりびと」 

■会期:2018年9月22日(土)
■映画上映14:00~(受付開始13:30)、トークショー15:40~

■会場:東京ミッドタウン日比谷6F BASE Q
(〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2)
https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/access/

■入場料:事前振込1,800円 当日2,500円(事前申込・お振込みをお勧めいたします。)

▽詳細・お申込み
https://food-trust.jp/seminar100/hotaru/

※メイン会場とは異なる場所ですのでご注意ください。

※当日は映画会場(東京ミッドタウン日比谷)でのお支払は対応しておりません。当日券をお求めの方は、9月22日(土)第3回オーガニックライフスタイルEXPO メイン会場受付にて販売いたします。

スケジュール
13:30 受付開始
14:00 映画上映「ほたるの川のまもりびと」(86分)
15:30 終了・休憩
15:40 劇場トーク(50分)登壇者(山田英治監督、辻井隆行氏、渡邊智恵子氏)、司会:鎌仲ひとみ氏
16:30上映会終了・退出

【来場登録受付開始】第3回オーガニックライフスタイルEXPO 2018年9月22日(土)・23日(日)

https://ofj.or.jp/