ホーム > ニュース > セミナー・教室・体験ツアー > セミナー・講演・シンポジウム > 大石リカ・デリシャス氏によるIFOAMアジア総会報告 / オーガニックマーケティング協議会第1回定例会開催

大石リカ・デリシャス氏によるIFOAMアジア総会報告 / オーガニックマーケティング協議会第1回定例会開催

2015 / 06 / 12ニュース


世界有機農業アジア連盟理事(IFOAM ASIAの理事選)に立候補し就任。日本から初めて、アジアでも初めての女性理事誕生となった、大石リカ・デリシャス氏(所属IFOAM JAPAN)が、6月30日(火)「オーガニックマーケティング協議会 第1回定例会」にて、IFOAMアジア総会の報告、およびアジアでのオーガニックの取り組みについて講演する。オーガニックマーケティング協議会は会員制(現在会員数は72団体)となっているが、第1回めとなる今回はオブザーバー参加も可能となっている。オーガニックマーケティング協議会について興味のある方、会員申込み希望の方など、個人や団体で興味のある方にもおすすめ。お問い合わせは、一般社団法人フードトラストプロジェクトまで。

◎オーガニックマーケティング協議会について
オーガニックマーケティング協議会は、とことんオーガニックシンポジウムを主催した一般社団法人フードトラストプロジェクトの部会として運営します。目的は、オーガニックマーケットの拡大です。特に小売り、販売団体を中心にオーガニックに関する取り組み、事業についての情報交換を行いながら、研究会、セミナー、展示会やキャンペーン活動などを企画していきます。定例会は年6回。今回の第1回目は農林水産省環境保全型農業対策課(前田豊課長)との意見交換会を行います。年間2回(6月と2月を予定)は、農林水産省との意見交換会を行います。オーガニックマーケティング協議会は会員制です。

▽一般社団法人フードトラストプロジェクト
http://food-trust.jp/

大石リカ・デリシャス氏によるIFOAMアジア総会報告 / オーガニックマーケティング協議会第1回定例会開催

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
オーガニックマーケティング協議会第1回定例会

■日時:2015年6月30日(火) 17:00~19:30
※初回につき19:30~20:00に名刺交換会の時間を設けます。
■会費:資料代及びお茶代としてお一人様1,000円を別途申し受けます。ご了解ください。
■場所:法政大学経営大学院(新一口坂校舎)
東京都千代田区九段北3-3-9 TEL 03-3264-4341  FAX 03-3264-3990
■地図
http://www.im.i.hosei.ac.jp/contact/access/

■申し込み
http://www.food-trust.jp/document/doc/0085.pdf

■内容
1.本協議会活動の主旨と今後の取り組みについてご説明

2.オーガニックマーケットの活性化に向けての意見交換会

●ゲスト:農林水産省生産局農産部農業環境対策課長 前田豊様
●座長:小川孔輔
法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授、日本マーケティング・サイエンス学会代表理事・学会長 農水省環境保全型農業センスアップ戦略研究会委員
●特別参加:蔦谷栄一
農的社会デザイン研究所代表、㈱農林中金総合研究所客員研究員、農水省環境保全型農業センスアップ戦略研究会委員

3.Organic Forum Japan-オーガニックライフスタイルフェア開催について

4.IFOAMアジア総会報告-アジアにおける有機農業の普及とマーケットの拡大-
●IFOAMジャパン代表理事 村山勝重
●IFOAMアジア理事 大石リカ・デリシャス

5.フードマーケティングセミナーについて

6.参加者紹介と名刺交換会

****************************************

日本、アジアで初めての女性理事誕生!大石リカ・デリシャス氏が世界有機農業アジア連盟理事に

写真向かって左が大石氏

◎大石氏経歴
大石リカ・デリシャス
(Rika Oishi Delicious)
(HOKKAIDO VALLEY LLC CEO)
SuperOrganicFoods創設者。OCT-MAGAZINE編集長。ビオ国際学会実行委員。 B.Arch. & B.F.A from Rhode Island School of Design, RI, USA.1974年生まれ。幼少期を北米、フランスで過ごし建築デザインとコンテンポラリーアートを専攻。NYの建築デザイン会社を経て帰国後、コンテンポラリー建築デザインのディレクションとマネジメントに従事。国内企業クライアントは宮内庁、TOYOTA、ベネッセ等、海外は観光庁やミュージアム、Apple等。2010年北海道に移住、オーガニックが子供の未来を約束する唯一の答えだと考え、SuperOrganicFoodsを創業。日本初、国内在住外国人ネットワークを構築、全国の美味しいBIO野菜を販売。またオーガニック関連メディア事業を展開する。2015年ビオ国際学会、及び内閣府ビオ推進室設置提言準備室を発起、日本国内の普及率とスピードを挙げるための活動にも力を入れている。

www.super-organic.jp
www.octonline.jp