ホーム > ニュース > セミナー・教室・体験ツアー > セミナー・講演・シンポジウム > 「ドイツの職人が今も手づくりするロベルト・ヘアダー社のナイフ」セミナー@愛知 2015年6月14日(日)・15日(月)

「ドイツの職人が今も手づくりするロベルト・ヘアダー社のナイフ」セミナー@愛知 2015年6月14日(日)・15日(月)

2015 / 05 / 15ニュース


ヨーロッパナイフの本場ドイツのゾーリンゲンで140年の伝統を守る、老舗ロベルト・ヘアダー社。同社の正規輸入代理店となる株式会社ヤムヤム(YumYum)は、2015年6月14日(日)、15日(月)の2日間、愛知県で開催される「エコ雑貨スクール」内にて、セミナーを開催。今年の2月、ヤムヤムがロベルト・ヘアダー社を訪問した際に撮影した、工場の様子を写した画像などと共に、ヨーロッパナイフの歴史や製法などを紹介する。

「ドイツの職人が今も手づくりするロベルト・ヘアダー社のナイフ」セミナーまた、今回は新発売お子様と一緒に使える「親子包丁」の初お披露目となり、当日はその場で実際に試したり、購入することも可能だ。小学生低学年(6才から9才)用の小さなサイズと、中学生(10才以上)から大人まで使えるサイズの「親子包丁」。同じ包丁を使って、その手元を見ながら「切ってみる」ことは、料理の楽しさや食べ物を大切にする気持ちを育ててくれる。「親子包丁」の他、左ききの方も使える両刃のパン切ナイフ、ドイツの伝統的な形の卓上用万能ナイフ「オールドジャーマン」なども合わせて販売する。

※14日(日)は一般の方向け、15日(月)は販売店向けのセミナーとなっています。(一般の方も当日までにセミナーにお申し込みいただければ参加できます)それぞれ会場も異なりますのでご注意ください。セミナーは座席数限定のため、予約先着順となりますが、セミナー時間外でも自由に製品を試したり購入することは可能です。

■ロベルト社について
「ドイツの職人が今も手づくりするロベルト・ヘアダー社のナイフ」セミナードイツのゾーリンゲンの現地で、唯一、職人が最初から最後まで作っているナイフメーカーです。ステンレスの質にこだわり、全て自社工場で製造。職人の育成にも取り組み、伝統を守りつづけています。木製グリップも森林認証の木にこだわり、環境保全型の企業としてポリシーを貫いています。高度成長の中でも、ひたすら伝統と手づくりにこだわり続けたナイフは、いま、ドイツでも注目を集め、BIOショップでも取り扱っています。

Solingen Windmühlenmesser ゾーリンゲン 風車のナイフ
http://www.organic-press.com/words/solingen/

***********************************************

【一般の方向け】
地産とエコにこだわるドイツの刃ものメーカー「ロべルトへアダー社」のこだわりの仕事を紹介します。伝統を守る職人が作るナイフが出きるまでの全行程をご覧下さい。こだわりのモノがたりを素敵な映像を通じてたっぷりお伝えします。

■日時:2015年6月14日(日)
*エコ雑貨スクール名古屋の開催時間11:30~19:00 入場無料
■セミナー:16:00~17:00 (企画:ヤムヤム)
■参加費:無料
■会場:あま市七宝焼アートヴィレッジ(愛知県あま市七宝町遠島十三割2000)
■定員:30名 (座席数限定のため、予約先着順となります。)
■お申込み:モノがたりマーケット (月~金 受付11時~16時)
TEL:03-6432-3531  FAX03-6432-3532
メール: infomonogatari@gmail.com

***********************************************

【販売店向け】
■日時:2015年6月14日(日) *イベント開催時間9:00~18:00
■セミナー:14:00~14:45 (企画:ヤムヤム)
■参加費:無料
■会場:INUUNIQ VILLAGE(愛知県津島市宇治町天王前144-1)
■エコ雑貨スクール定員:20名
*スクール時間外も各ブースにてもご自由にお話ください。

■お申込み:モノがたりマーケット (月~金 受付11時~16時)
TEL:03-6432-3531  FAX03-6432-3532
メール: infomonogatari@gmail.com