アジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN – フーデックス ジャパン2021 (第46回 国際食品・飲料展)」が、2021年3月9日(火)~12日(金)幕張メッセにて開催決定。1976年より毎年開催され、次回2021年で46回目を迎える同展示会は、出展者・来場者双方のビジネス拡大に絶好の場として 毎回高い評価を得ています。国内をはじめ海外のバイヤーや役職者、有力バイヤーが仕入れを目的に来場し商談が可能。販路獲得に繋がる絶好の機会です。

FOODEXJAPANでは様々なカテゴリーゾーンを展開。「オーガニック&ウェルネス」ゾーンでは、健康、環境、美容に配慮した食品・飲料 (機能性食品、有機食品)を一同に集めます。ますます注目を集める、有機JAS認証オーガニック食品をはじめとするナチュラルプロダクツ、健康、美容という付加価値を持つ機能性食品を提案。多数の有力バイヤーにPRが可能、販路拡大につながる展示商談会です。

食品廃棄物の発生量は1,970万トンとなっており、食品製造業は82%を占めています。日本は米国に続き、1人あたりのプラ容器包装の廃棄量が、世界的に2番目に多く、日本政府は2030年までに940万トンあるプラスチックごみを25%減らす計画を発表しました。(2018年)そんな背景から、食品関連業界における更なるSDGs達成と実現、世界への発信することを目的に、新企画ゾーン「SDGs in FOODEX JAPAN2021」も実施予定です。

2019年実績は、世界94カ国・地域から3316社/4554ブースが出展、来場登録者は 80,426名(うち海外10,970名)。出展申し込み受付中。

その他注目ゾーン

輸入食品
日本の食卓を豊かにする輸入食品に焦点を当て、新型コロナウイルスの影響で縮小している国際的な取引の拡大と、次に流行る日本初上陸商品をピックアップする「日本初上陸商品」特別展示を実施します。

日本食輸出展・和食産業展
「産地」「海外展開」「ライフスタイル」「新ブランド」「輸出」がキーワード!食材だけではなく日本の伝統的工芸品、厨房機器なども海外バイヤーに向けて紹介します。

FOODEX Frozen
国内・海外のフローズンフーズ展示と合わせて、前回好評を頂いた、活躍する女性を応援するプロジェクト「美食女子Award 2021」も継続開催。女性バイヤー及び一般審査員150名による試食審査を突破し、見事入賞を収めた新商品をFOODEX JAPAN 2021会場内のステージにて発表・表彰式を実施します。

FOODEX TECH 
日本をはじめとしたアジアにおける食品製造・流通課題を解決!生産・開発・流通担当者の来場を強化するため、日本を含むアジアにおける大手食品メーカーが食品製造と流通におけるヒントを共有するカンファレンスを開催予定です。

FOODEX JAPAN – フーデックス ジャパン2021 (第46回 国際食品・飲料展)

■会期:2021年3月9日(火)~12日(金)10:00~17:00(最終日は16:30まで)
■会場:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)
■入場登録料:5,000円(税込)「招待券」持参者は無料。ただし業界関係者以外の方、16歳未満の方は入場不可。
■予定展示規模:3,500社/4,500ブース(前回実績:3,316社/4,544ブース)
■予定来場者数:85,000名
■主催:一般社団法人日本能率協会 / 一般社団法人日本ホテル協会 / 一般社団法人日本旅館協会 / 一般社団法人国際観光日本レストラン協会 / 公益社団法人国際観光施設協会
■協賛:関連51団体(申請予定)

出展申し込み締め切りは 2020年10月9日(金)。※2020年7月31日(金)までに申し込むと、早期申込特典割引があります。
お問い合わせは日本能率協会 FOODEX JAPAN 事務局まで。

FOODEX JAPAN 事務局
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22

TEL 03-3434-3453
FAX 03-3434-8076
MAIL foodex@jma.or.jp

▽FOODEX 公式サイト
https://www.jma.or.jp/foodex/

RECOMMEND ▼