ホーム > 特集コラム > オーガニックコラム【連載】

オーガニックコラム【連載】

急成長するイギリスのヴィーガン市場

1月はVeganuary(ヴィーガニュアリー)というヴィーガン推進月間です。2014年よりスタートしたヴィーガニュアリーは、現在178カ国で50万人以上の人々が賛同するほど認識されています。 ...続きを読む>>

2020 / 01 / 28 特集コラム

ドイツで人気のヴィーガンクリスマスマーケットの魅力とは?

高まる環境への意識から、オーガニックやエコ、フェアをキーワードとしたサステナブルなクリスマスマーケットも登場してきています。特に注目なのがヴィーガンクリスマスマーケットです。 ...続きを読む>>

2019 / 12 / 22 特集コラム

ドイツはレジ袋禁止へ!小売はどう変わる?

ドイツ連邦内閣は使い捨てプラスチック袋の禁止を閣議決定。既に施行されている「包装法」に禁止事項を盛り込み、改正案として議会に提出されます。法案が可決すれば50μm以下の使い捨てプラスチック袋、いわゆるレジ袋の使用が禁止となります。 ...続きを読む>>

2019 / 11 / 29 特集コラム

イギリスのオーガニック食品宅配サービスRiverfordを利用して

2019年のイギリスのオーガニック市場総売上は来年に発表されますが、中間報告では昨年よりも、さらに市場が伸びていることが既に分かっています。今回は、オーガニック食品の宅配サービスをしているRiverford (リバーフォード) について、フォーカスします。 ...続きを読む>>

2019 / 11 / 22 特集コラム

世界食品メッセ・アヌーガに見るオーガニックの可能性

食品飲料業界最大の見本市「アヌーガ‐世界食品メッセ Anuga 2019」がドイツのケルンメッセにて開催。世界の食品トレンドが一堂に会するこの見本市でオーガニック製品はどのような立ち位置なのか、最新のデータとともにご紹介します。 ...続きを読む>>

2019 / 10 / 27 特集コラム

行政のサポートで広がる地域のオーガニック農業

ドイツ西部・ドルトムント市にあるオーガニック農場「Schultenhof」の農場祭。実はドルトムント市が属するノルトライン・ヴェストファーレン州全体の「オーガニック農業アクションデイ(Aktionstage Ökolandbau NRW)」の一環でもあります。 ...続きを読む>>

2019 / 10 / 10 特集コラム

盛り上がりを見せるイギリスのオーガニックキャンペーン

イギリスでは9月といえば、イギリスのオーガニック認証機関Soil Association(ソイルアソシエーション)によるOrganic September(オーガニックセプテンバー)というムーブメントが行われる月でもあります。 ...続きを読む>>

2019 / 09 / 17 特集コラム

パッケージもプラスチックフリーへ。小売の現場にも変化の兆しが。

通常の小売店に並ぶのは、プラスチック製パッケージの製品ばかり。流通や品質保持、加工面で優れたプラスチックは小売の現場では未だに切っても切り離せない存在となっています。そこに切り込んだのがドイツ第2位のパスタメーカー「ALB・GOLD Teigwaren」。 ...続きを読む>>

2019 / 08 / 29 特集コラム

シェアする時代のヒット商品!その名も「share」

日常的な消費を寄付につなげるソーシャルコンシュームというスタイルをドイツ市場に根付かせつつあるブランドがあります。「share」はその名の通り“シェアすること”をミッションとし、社会貢献型の商品を次々に生み出しています。 ...続きを読む>>

2019 / 07 / 31 特集コラム

オンライン市場をどう攻める?~オーガニック宅配最新事情~

大きなポテンシャルを秘めたネットショッピングの世界で、食品分野も新たな市場を広げることができるのか。今回はオーガニック業界において小売各社の試みを、ドイツの宅配事情を折り込みながら紹介したいと思います。 ...続きを読む>>

2019 / 06 / 30 特集コラム