ホーム > ニュース > ネオナチュラルの自社有機農場発!“甘酒+ハーブ+酵素”新感覚の発酵飲料「はだ恵(めぐ)り」新発売

ネオナチュラルの自社有機農場発!“甘酒+ハーブ+酵素”新感覚の発酵飲料「はだ恵(めぐ)り」新発売

2019 / 01 / 10ニュース


株式会社ネオナチュラルより、これまでにない新発想の発酵飲料「はだ恵(めぐ)り」が新発売!古来より人々の健康を支えてきた「発酵食品」を、仕事や家庭に忙しい現代女性でも、もっと手軽に、美味しく、毎日摂ってほしい!という願いから生まれた「はだ恵り」。日本の伝統発酵飲料である「甘酒」と「ハーブ」、さらに「酵素」の3つを中心にして生み出されました。甘酒の持つ優しい甘みに、ハーブがふんわりと香る、これまでにない味わい!砂糖無添加、ノンアルコール。水や牛乳、豆乳などで2~3倍に希釈してお飲みいただけます。温めても冷やしても美味しい。水の代わりに牛乳や豆乳などのドリンクで割ったり、お砂糖の代わりに調味料としてもご利用ください。

ネオナチュラル直販サイトで発売中。2019年4月より全国自然食品店で販売予定。

ネオナチュラルの自社有機農場発!“甘酒+ハーブ+酵素”新感覚の発酵飲料「はだ恵(めぐ)り」新発売
はだ恵り~楽~(濃縮タイプ)
■容量:550g
■価格:1,200円(税込)
■原材料:米(国産)、米糀(国産)、へちま水、はとむぎ、へちま、カモミール、ラベンダー、酵素

▽「はだ恵り」特設サイトへ
https://www.neo-natural.com/fs/life/c/hadameguri

ネオナチュラルの自社有機農場発!“甘酒+ハーブ+酵素”新感覚の発酵飲料「はだ恵(めぐ)り」新発売
【製品へのこだわり】

自社有機農場産の上質な原料
「はだ恵り」のベースとなるのは、自社有機農場でスタッフ自ら大切に育てたお米「小次郎米」。農薬や化学肥料を一切使用しない有機農法に加え、美味しさを最大限に引き出すために地元で古くから行われてきた天日干し(はさがけ)でじっくりと旨味を引き出しています。使用する水は全て自社農場「母袋(もたい)有機農場」産の清らかな天然伏流水を使用。ハーブ、へちまは、自社農場で地元のベテランの協力のもと、ネオナチュラルのスタッフが自ら栽培しています。製造は全て、農場内の古民家を改装した厨房内で3人の女性スタッフが行っています。

ネオナチュラルの自社有機農場発!“甘酒+ハーブ+酵素”新感覚の発酵飲料「はだ恵(めぐ)り」新発売

豊富なオリゴ糖とアミノ酸
腸内フローラを整えるオリゴ糖を生成する、3種の米糀と2種の酵素の活性を最大限に引き出すために、発酵時間や糀や酵素の配合比率、組み合わせを120回以上の試作を経て開発しました。はだ恵り100gに含まれるオリゴ糖の量(※1)は3600mg。はだ恵り1杯(3倍希釈)で、オリゴ糖を多く含むと言われるきな粉(大さじ1)の4倍、てんさい糖(大さじ1)の5倍、バナナ(1本)の11倍にもなります。

また、はだ恵りに含まれるアミノ酸量(※2)は、100gあたり約3100mg。これは、一般的な甘酒に含まれるアミノ酸の2~3倍にもなります。この豊富なアミノ酸がはだ恵りの旨味、優しい甘み、深いコクを生み出しています。
(※1:株式会社食品微生物センター、※2:食品分析開発センターSUNATECによる)

株式会社 ネオナチュラル
https://www.neo-natural.com/