IPハンドリング(あいぴーはんどりんぐ)とは、Identity Preserved Handlingの略で、分別生産流通管理を意味します。特定の品質の農作物の、種子の選定、生産者から流通業者、輸出入業者、製造、加工業者へと渡る各段階ごとに分別管理されていることを証明する管理システム。「遺伝子組換え農作物」に対しては、原材料に非遺伝子組換えのものが混ざっていないかどうか、きちんと分けられて流通されてきたかどうか等を証明する根拠となります。

RECOMMEND ▼